「最高速男・Dai稲田」誕生の日の1982年11月25日に行われた最高速テスト。筑波山から吹き降ろされる強風の中、全車とも記録はイマイチでしたが、熱さは最高潮!【その1】からこの日の挑戦を見てきていますが、今回の【その5】からは、一気に参加者マシンを紹介していきます。現在も大活躍のカキモトやエスプリ、手作り感満載のMクロキンZも必見です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMCポルシェターボ3.3
250.43km/h

ダウンフォース強過ぎか? フェンダーに整流版を立てたIMCターボ。これだけでもサイドへの気流はかなりよく整流されるだろう。このクルマの場合は、ややフロントのダウンフォースが強過ぎる感じ。フロントをここまでモディファイしたなら、リヤには935K3並のウイングが必要になるだろう。

Dai「恐くてフルスロットルにできないよ。直線でスピンしそうだ」
IMC飯島社長「そんな馬鹿な。空力は万全だし、足まわりもバッチリやってあるのに」
陰の声「原因はすべて14mの横風。RRでショートホイールベースだからね」

IMCポルシェ・ターボ3.3

[エンジン]排気量:3299cc/ボア・ストローク:97.0×74.4/ピストン:マーレー鍛造/カムシャフト:レース用/クランク:ノーマル/クランク:ノーマル/燃焼室+ポート:ノーマル/圧縮比:7.5:1/タービン:IHI・RHC7/ウエイストゲート:ポルシェ/インタークーラー:エアリサーチ空冷/EXマニホールド:ノーマル/燃料増量装置:ノーマル+IMC加工
[サスペンション]Fコイル:レース用トーションバー19→22mmφ/Fショック:ビルシュタイン・レース用/Rコイル:レース用トーションバー26→28mmφ/Rショック:ビルシュタイン・レース用/ブレーキ:エアロクィップ・ホース
[タイヤ]F:P7 205/55VR16/R:P7 265/50VR16
[ギヤ比]トップ:0.625/ファイナル:4.222
[エアロ]フロント:934スポイラー/フェンダー:935タイプ/リヤ:ノーマル

Mレーシング クロキンZ 3096cc
247.84km/h

MクロキンZはド迫力のチンスポで勝負! 路面ギリギリまで直角におろされたアルミ製エアダム。残念ながら、これではかなりの抵抗になってしまうし、必ずしもダウンフォースも大きくならない。しかし、さすがMならではの個性。ロードクリアランス3cm! MレーシングZがテスト前に装着したエアダムには、並いるエントラントもア然として声なし? バンク走行では車体が沈み込み路面との接触が心配されたが、その点はOK。それにしても、Mのマシンはいつもながら一味違うネ。

 

Mレーシング クロキンZ
L28改 Mレーシングチューン

[エンジン]排気量:3096cc/ボア・ストローク:89.0×83.0/ピストン:G20改/コンロッド:L26改/カムシャフト:76度/クランク:LD28/バルブ:IN44φ EX35φ/キャブレター:ウェーバー45φ改/圧縮比:秘
[サスペンション]Fコイル:ジャパン用/Fショック:レース用オイル式/Rコイル:2/2用/Rショック:ビルシュタイン/ブレーキ:4ポッド
[タイヤ]F:グッドリッチ205/50VR15/R:グッドリッチ205/55VR16
[ギヤ比]トップ:0.864/ファイナル:3.545

カキモトレーシングZ L 3096cc
242.83km/h

「ウチのはギヤが高いから、ギンギンに踏まんとアカンのや。記録は不調やけど、このクルマは290km/hは実際に高速で何回も出てる。ま、今回はコンディションも悪かったしな」柿本レーシング社長の顔色は冴えない。

カキモトレーシングZ
L28改 カキモトチューン

[エンジン]排気量:3096cc/ボア・ストローク:89.0×83.0/ピストン:オリジナル製作/コンロッド:秘加工/カムシャフト:オリジナル76度/クランク:スチール削り出し/バルブ:IN45φ EX38φ/キャブレター:ソレックス50φ改/圧縮比:−
[サスペンション]Fコイル:ノーマル/Fショック:コニ/Rコイル:ノーマル/Rショック:コニ/ブレーキ:ノーマル
[タイヤ]F:HFD 205/55VR16/R:HFD 225/50VR16
[ギヤ比]トップ:0.856/ファイナル:3.900

レーシングサービス・ファクター240ZG 3096cc
238.41km/h


レーシングサービス・ファクターZ
L28改 ファクターチューン

[エンジン]排気量:3096cc/ボア・ストローク:89.0×83.0/ピストン:アート/コンロッド:L28改/カムシャフト:秘/クランク:LD28/バルブ:IN46φ EX36φ/キャブレター:ソレックス50φ/圧縮比:−
[サスペンション]Fコイル:レース用オプション/Fショック:レース用オプション/Rコイル:レース用オプション/Rショック:レース用オプション/ブレーキ:4ポッドキャリパー
[タイヤ]F:HFD 205/55VR16/R:HFD 225/50VR16
[ギヤ比]トップ:0.864/ファイナル:3.545

エスプリ・スカイラインRSターボ
238.41km/h

エアロは強力なダウンフォースで安定性バツグン。市販エアダムにアルミリップを追加。サイドの張り出しは効果的だ。リヤに比べて、フロントのダウンフォースが強いセッティングだが、スカRSのボディにはこれで正解。安定性は抜群だったという。ただし、抵抗はかなり大きくなる。

カーショップエスプリ・スカイラインRSターボ
FJ20+HKSターボ

[エンジン]排気量:1990cc/ボア・ストローク:89.0×80.0/ピストン:HKS鍛造/カムシャフト:ノーマル/クランク:バランス取り/燃焼室+ポート:ポート研磨/圧縮比:−/タービン:エアリサーチT04/ウエイストゲート:HKS/インタークーラー:HKS空冷SPL/EXマニホールド:HKS鍛造/燃料増量装置:キャブレター ソレックス44φ
[サスペンション]Fコイル:TMC/Fショック:コニスポーツ/Rコイル:TMC/Rショック:ビルシュタイン/ブレーキ:ノーマル
[タイヤ]F/R:P7 195/50VR15
[ギヤ比]ファイナル:3.545
[エアロ」フロント:FRPスポイラー/リヤ:FRPスポイラー

フォルテクス・スカイラインRSターボ
235.29km/h

フォルテクス・スカイラインRSは、オリジナルのマイクロコンピューターを開発し、ECCSのままでターボチューンに取り組んでいる。ターボチャージャーはIHI製RH6B。その他はオリジナル製作している。


フォルテクス・スカイラインRSターボ
FJ20+IHIターボ

[エンジン]排気量:1990cc/ボア・ストローク:89.0×80.0/ピストン:オリジナル鍛造/カムシャフト:ノーマル/クランク:ノーマル/燃焼室+ポート:ノーマル/圧縮比:7.6:1/タービン:IHI・RHB6/ブローオフバルブ:フォルテクス/インタークーラー:フォルテクス水冷/EXマニホールド:フォルテクス鋳造/燃料増量装置:ECCSコンピューター+フォルテクス燃料増量マイクロコンピューターシステム
[サスペンション]Fコイル:ノーマル/Fショック:カヤバガス/Rコイル:ノーマル/Rショック:カヤバ8段/ブレーキ:フェロードパッド
[タイヤ]F:HFD 195/70HR14/R:HFD 195/70HR14
[ギヤ比]ファイナル:3.700
[エアロ」フロント:フォルテクス製FRP/リヤ:ボルク製ウレタン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カキモト、Mレーシング、エスプリ・・・チューニング創世記から活躍していたショップさんがズラリ!です。次回【その6】も、気合の参加マシンを紹介いたします!