日本の自動車マーケットにおいて、ミニバンというカテゴリーは大きな存在です。その中でもメインストリームとなっているのが、5ナンバー(小型車)サイズのボディを基本としたM(ミドル)クラスと呼ばれる商品群。具体的には、トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイア、日産・セレナ、ホンダ・ステップワゴンが競っています。

ちなみに、直近のMクラス・ミニバン販売台数は次のようになっています。トヨタの三兄弟合計で8.9万台に達して過半数を占めるほどの圧倒的な人気で、ステップワゴンは最下位となっています。

■2017年度上半期(4月〜9月)新車登録データ
トヨタ・ヴォクシー 39,988台
日産・セレナ 37,503台
トヨタ・ノア 29,489台
トヨタ・エスクァイア 20,038台
ホンダ・ステップワゴン 18,994台
※自販連調べ

ステップワゴンにはリアゲートが縦・横に開く「わくわくゲート」という唯一無二の特徴があります。そして、ステップワゴンのオーナーにアンケート調査をすると5人にひとりが「わくわくゲート」を選択理由に挙げるほど評価されています。しかし、それだけではライバルに対して差別化するアイテムとしては足りないということを、販売データは示しているといえます。

またパワートレインも課題です。これまでステップワゴンは1.5リッターVTECターボという税制上有利なダウンサイジングターボエンジンを搭載。ここでもライバルと違うアプローチを取っています。しかし、トヨタのミニバンが売れていることからもわかるように、Mクラスミニバンにおいて、いまやハイブリッド比率は45%。フルハイブリッドを用意するトヨタ、マイルドハイブリッドを中心とした日産に対して「ダウンサイジングターボ」というアプローチは、ユーザーマインドに合致しきれていないキライもあります。

そこでステップワゴンは大胆なマイナーチェンジを果たしました。同モデルの主流(販売の8割を占める)というSPADA(スパーダ)に、オデッセイ譲りの2.0リッター「スポーツハイブリッド i-MMD」を与え、さらにフロントマスクを押し出しの強いデザインにガラリと変えてきたのです。

今回、その新しく生まれ変わったステップワゴン・スパーダ・ハイブリッドに高速道路から市街地、ワインディングまで幅広いシチュエーションで試乗することができました。

大きなグリルが食い込むようにデザインされた新しいLEDヘッドライトを持つフロントマスクは、これまたMクラスミニバンのトレンドに則ったもので、従来のステップワゴン・スパーダが持っていたスポーティなフォルムから一変。ワンクラス上の存在感を示しているよう。

そして、新搭載されたハイブリッドによる走りもクラスを超えたものとなっています。

JC08モード燃費25.0km/L、新基準であるWLTCモードでは20.0km/Lとなっているハイブリッドユニットは、燃費性能だけがセールスポイントではありません。2.0リッターアトキンソンサイクルDOHCエンジンに、2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムは発生する最大出力は158kW、最大トルクは315Nmと、3.0リッターNAエンジン並の数値。

しかも常用域においてはエンジンで発電モーター回し、駆動モーターでタイヤを回す2モーターハイブリッドというのは、その仕組みから変速ショックがゼロで、シームレスな加速が味わえます。発進時に最大トルクを発生できるモーター駆動のメリットと相まって、その加速感は爽快そのもの。1820kgの車重で、けっして空力性能も有利とはいえなボディを、一気に法定速度まで加速させるのです。

そのまま高速道路を走っていると、高速での効率に有利なエンジンのダイレクト駆動モードに切り替わっていることがあるのことがメーター内の表示で確認できますが、切り替えショックはまったく感じられません。段付き感のない走りが続きます。高速走行で意外だったのは安心感が強いこと。ハイブリッド用のリチウムイオンバッテリーを1列目シートの床下に配置したことなどで重心の面で有利というのもあるでしょうが、ボディがしっかりとしているというステップワゴンのアドバンテージを実感できるのです。

さらに、新型スパーダの最上級グレードである試乗車(スパーダ ハイブリッドG・EX ホンダセンシング)には、ボディの前後にパフォーマンスダンパーを装備、ボディのしなりをコントロールしています。これにより横方向の動きおいて、よりしっかりとした感触を得ることができるというわけです。とくにホンダセンシングの機能であるACC(追従クルーズコントロール)やLKAS(車線維持支援システム)を利用してで走っているとシャシーのしっかり感は、そのまま安心感・信頼感につながります。新しいハイブリッドではACCが全車速域対応になったことで、渋滞時の疲労軽減にも役立ってくれるはずです。なお、ACCを設定できる上限速度は135km/hとなりました。LKASもその上限速度までは機能するよう進化しています。

ただし、市街地にステージを移すと、若干イメージが変わってきます。フロアがしっかりしているのは基本的にメリットですが、段差を乗り越えたときなどのショックがガソリン車に比べると大きくなっているように感じるのです。パワートレイン由来のピッチングが少ないことも突き上げを気にさせるという面も否めませんが、もっと乗り心地がソフトになると3列ミニバンとしての魅力がアップしそうです。

つづいて、市街地からワインディング方面にステアリングを切って進みます。とくに登坂路におけるリニアリティは「スポーツハイブリッドi-MMD」ならでは、といえる部分。アクセル操作に対して遅れることなく、スッと加速します。ただし、減速についてはアクセル操作だけでは十分な減速は得られません。もちろん、ブレーキを踏むのは当たり前なのですが、いまや2モーターハイブリッドではワンペダル操作が増えていますから、そのあたりも期待してしまいます。

前述したようにパフォーマンスダンパーにより強靭でしなやかなボディとなった新型スパーダ・ハイブリッドですから、ハンドリングも楽しめるレベルで、パドルシフトが欲しくなるシーンもありました。同じ「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載するアコードには回生ブレーキの強さを調整するパドルシフトが備わっていますから。

ただし、車重の重いステップワゴンでは回生ブレーキを多用すると、すぐにバッテリーがいっぱいになってしまうため、今回の仕様においては回生ブレーキの強弱をコントロールするパドルシフトは装備しなかったとのこと。将来的に、バッテリー容量を増やした仕様(PHV)が登場するようなことがあれば、回生ブレーキを積極的に利用した走りも楽しめるかもしれません。

フロントマスクや大きなルーフエンドスポイラーなどエクステリアの変更が目立つ新型スパーダ。ハイブリッドのセレクトノブが新形状になっていたり、1列目中央のセンターコンソールに100Vのコンセントが用意(メーカーオプション)されていたりとインテリアでも気になるところは多数あります。なかでも、ハイブリッドのパーキングブレーキが電子制御タイプとなり、信号待ちなどでブレーキペダルから足を離せるオートホールド機構が付いたのは、市街地走行で役に立つことが実感できる新機構でした。

Mクラスミニバンにおける「勇ましい顔つき」と「ハイブリッド」というトレンドを手に入れた新生ステップワゴン・スパーダ。従来モデルでは苦戦していましたが、今度はライバルをリードする存在になったといえそうです。

●ホンダ ステップワゴンSPADA HYBRID G・EX Honda SENSING主要スペック
車両型式:・6AA-RP5
全長:4760mm
全幅:1695mm
全高:1840mm
ホイールベース:2890mm
車両重量:1820kg
乗車定員:7名
エンジン型式:LFA
エンジン形式:直列4気筒DOHC
総排気量:1993cc
最高出力:107kW(145PS)/6200rpm
最大トルク:175Nm(17.8kg-m)/4000rpm
電動機型式:H4
電動機形式:交流同期発電機
電動機最高出力:135kW(184PS)/5000−6000rpm
電動機最大トルク:315Nm(32.1kg-m)/0−2000rpm
燃料消費率:25.0km/L (JC08モード)
燃料消費率:20.0km/L (WLTC)
タイヤサイズ:205/60R16 92H
メーカー希望小売価格(税込):3,559,680円

(写真:門真 俊 文:山本晋也)