BMW 5シリーズのセダン、ツーリングに続き、ハイパフォーマンスモデルの新型BMW M5が発表されました。10月24日から受注を受け付け、2018年4月以降デリバリーが開始されます。

6代目となる新型BMW M5の見どころは、Mモデルのセダン仕様で初めてM専用の4輪駆動システム「M xDrive」を搭載した点。

今回、「M xDrive」を搭載することで、様々な路面状況での最大限のトラクション性能をサポートすることが可能になったそうです。サーキットなどでMモデルならではの個性を最大限発揮し走行する際に、Sportモードや2WDモードも選択することが可能で、ユーザーの多様なニーズに応えるモデルとなっています。

エンジンは、新開発のターボが採用された4.4Lの最新V型8気筒「Mツインパワーターボエンジン」を搭載。最高出力600ps(441kW)、最大トルク750Nmに到達し、この圧倒的な推進力と走行性能により、新型BMW M5は0-100km/h加速タイム3.4秒を達成。

さらに、シフトチェンジの時間が大幅に短縮された新型ドライブロジック付き8速「Mステップトロニック」トランスミッションを搭載することにより、卓越した走行性能と操作性を実現したとしています。

迫力あるスポーティな外観ももちろん見どころで、初めて採用されたカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)のルーフと、筋肉質なパターンが力強く浮かび上がるアルミニウム製のエンジンフードを採用。

軽量化と強度向上に寄与し、存在感あるフロントのエアインテークはエンジンの冷却効率の向上とともに、Mモデルのスポーティな存在感を印象づけています。

安全装備はセダン/ツーリングと同様に、ルームミラー内にステレオ・カメラを、ミリ波レーダー・センサーを前方に3つ、後方に2つ装備することで、衝突被害・軽減ブレーキやレーンキープ、後車追突警報、ACCなどBMW最新の装備に対応しています。新型BMW M5の価格は1703万円東京モーターショーでも披露されます。

(塚田勝弘)