BMW『3シリーズ』のハイスペックモデル『M3』。その頂点に君臨する『M3 CS』が「F80型」に投入されますが、その市販型プロトタイプを始めてキャッチしました。1988年に登場した「M3スポーツエボリューション」の系譜を継ぐスーパーセダンの誕生です。

ブラック仕上げのMキドニーグリル、エアインテーク付きリップスポイラー、ボンネットにエアスクープ、大型リアスポイラーを装備したアグレッシブなエクステリアは迫力満点です。カーボン製エンジンフードの下には「M4 CS」から受け継ぐ3リットル直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力460ps、最大トルク550Nmという圧倒するパフォーマンスを持ちます。

タイヤは「ミシュラン・パイロットスポーツカップ2」を着用。Mテクノロジーと俊敏性をもたらす軽量カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)コンポーネントにより、ニュルブルクリンクを7分40秒未満で走ると予想されています。

ワールドプレミアは2018年3月、スーパーカーの祭典ジュネーブモーターショーが有力視されています。

(APOLLO)