二年に一度のクルマの祭典「東京モーターショー2017」が東京ビッグサイトで開催中です。

会場は最新モデルの市販車やバイク、近未来を想像させてくれるコンセプトカーなどで埋め尽くされているのですが、国内外で活躍するレーシングカーもたくさんありました!

メルセデスブースでは、4年連続4度目のコンストラクターズタイトルを獲得したF1 W08 EQ Power+ を展示。今シーズンからレギュレーションが変わり、ワイドになったF1マシンは今まで以上に迫力満点です。

そしてマシンの脇には、2016年のコンストラクターズチャンピオントロフィーが展示されていました。こんなに大事な物を展示しちゃって大丈夫なの?とびっくりしましたが、初めて見るトロフィーに感激!

よーく見てみると、年号の下にその年のコンストラクターズチャンピオンチームのピンズが貼られていました。「この時代はウィリアムズが強かったのかー」とF1の歴史を振り返ることができます。

 

ルノーブースでもF1マシンを発見! カルロス・サインツJrがシーズン途中から電撃移籍したことで注目を集めているルノー。来シーズンはサインツJrとニコ・ヒュルケンベルグコンビでどのようなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみですよね。

多くの人で賑わうトヨタブースには2017年WEC(世界耐久選手権)参戦モデルのTS050 HYBRIDと2017年WRC(世界ラリー選手権)参戦モデルYaris WRCがありました。

ブースの中央に置かれたYaris WRCは存在感抜群! 来シーズンはMスポーツからオット・タナクが移籍、そして全戦3台体制とWRC参戦2年目となるトヨタからも目が離せません!!

新たなモータースポーツの歴史を刻むであろう、フォーミュラEのマシンも登場。ABTシェフラー・アウディスポーツチームの技術パートナー、シェフラーのブースには3rdシーズン(2016/2017年)のチャンピオンマシンが展示されていました。

そして私がモーターショーでさりげなく楽しみにしているのが、各カテゴリーのセーフティカー探し。

一番見たかったフォーミュラEのセーフティカー、プラグイン・ハイブリッド・スポーツカーのBMW i8を発見しました! ガルウィングと流れるようなデザインが、とっても素敵!! いつもテレビで見ているクルマが目の前にある……なんだか芸能人に会ったような気分になりました(笑)。

普段中々お目にかかることができない憧れのクルマをじっくり見たり、コックピットに座って内装をチェックできるのもモーターショーの魅力です。

会場には様々なレーシングカーが展示されていましたが、中でも一番人気だったのがホンダモータースポーツゾーンにある2017年インディ500優勝マシン、アンドレッティ・オートスポーツDW12。

通常、このようなイベントではショーカー(展示用車両)が展示されるのですが、なんとこのDW12は実際にレースで使用した車両なのだそうです! このマシンに佐藤琢磨選手が乗り、インディアナポリス・モーター・スピードウェイでトップチェッカーを受けたのかと思うと感慨深いですよね。

またブース内のモニターではインディ500の映像も流れており、訪れた人は足を止めあの感動をもう一度味わっていました。

この他にもマクラーレン・ホンダF1 マシンや、スーパーフォーミュラ参戦マシンDallara SF14 15号車(TEAM MUGEN ピエール・ガスリー使用 )、2017年ロードレース世界選手権MotoGPクラス出場車RC213Vなどが展示されていました。

そして2017年シーズンのF1パワーユニット(RA617H)、インディ用エンジン(HI17TT)、スーパーフォミュラ用エンジン(HR-417E)が横並びに展示されており、カテゴリーごとに全く違う構造のエンジン(パワーユニット)はとても興味深いものでした。

モーターショーではレースに参戦している自動車メーカーのブースに注目しがちですが、忘れてはいけないのが部品メーカー。

佐藤選手がNGKスパークプラグの広告キャラクターを務めている日本特殊陶業ブースには、佐藤選手のヘルメット、シューズ、レーシングスーツが飾られているのですが、なんとこれらも全て今年のインディ500で実際に使用していたものなんです!

ヘルメットの汚れが、インディ500の激闘をものがたっていますね。

そしてこれらが飾られているショーケースに直筆サインを発見! こちらのサインは、10月27日(金)に佐藤選手が日本特殊陶業ブースを訪れた際に書いてもらったのだそうです。

何日か前に同じ場所に佐藤選手がいたと思うだけで、ドキドキしちゃうのは私だけ!? これからモーターショーに行かれる方、書きたてホヤホヤのサインは必見ですよ!

国内で人気のスーパーGTやスーパーフォーミュラのマシンも展示されていました。

スーパーフォーミュラを主催する日本レースプロモーションとパートナー契約を結ぶ、日立オートモティブシステムズのブースでは、スーパーフォーミュラマシンのコックピットに乗り込み、鈴鹿サーキットを疑似走行できる「VRスーパーフォーミュラ」の体験コーナーがありました。

こちらは小学生以上であれば誰でも乗車可能なのですが、70分待ちと大人気! 体験されたい方は時間に余裕をもって行動することをおススメします。

国内、外のレーシングカーやお宝グッズをたくさん見る事ができ、モータースポーツ大好きな私も大満足だった「東京モーターショー2017」は、11月5日(日)まで東京ビッグサイトで開催中です。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

(yuri)