独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)では日本版自動車アセスメント「JNCAP」(Japan New Car Assessment Program)として、実車衝突試験に基づいた車種別衝突安全性評価を行なっています。

中でも「オフセット前面衝突試験」は、フルラップ前面衝突試験(正面衝突)よりも実社会で発生率が高い事故形態を模した試験として注目されています。その評価方法としては、運転席と後部座席にダミー人形を乗せた試験車を、時速64km/hで相手車両に見立てたアルミハニ力ム材に運転席側の一部(オーバーラップ率40%)を前面衝突させます。

「フルラップ前面衝突試験」が主に乗員を保護する拘束装置(エアバッグ、シートベルトなど)を評価するのに適しているのに対し、同試験では衝撃を車体の一部で受けるため車体変形が大きく、変形による乗員への加害性の評価に適しています。

そうしたなか、人気のSUV、トヨタ「C-HR」とマツダ「CX-5」を使った「オフセット前面衝突試験」が先頃実施され、その様子が動画で公開されました。

運転席、助手席のSRSエアバッグの他、側面天井から出るSRSカーテンシールドエアバッグが作動する様子がスロー映像で確認でき、ダミーの動き等から衝突時に発生するエネルギーの凄まじさを実感させます。

■トヨタ C-HR オフセット前面衝突試験

■マツダ CX-5 オフセット前面衝突試験

今回の2台は衝突時のエアバッグ作動により、ドライバーがステアリングに顔面を打ち付けることも無く、脚部の損傷も無い事から、総合評価で「ファイブスター賞」を獲得しました。こうした評価はもちろん軽自動車でも実施されており、人気のホンダ「N‐BOX」の衝突の様子も公開されています。

■ホンダ N‐BOX オフセット前面衝突試験

軽自動車はその名のとおり、普通乗用車に比べて車体が軽いことから、衝突時に激しく側方へ飛ぶことになりますが、これは致し方無いところ。

ちなみにファイブスター賞は、「フルラップ前面衝突試験」、「オフセット前面衝突試験」、「側面衝突試験」、「後面衝突頚部保護性能試験」、「歩行者頭部保護性能試験」、「歩行者脚部保護性能試験」における総合得点170点以上が獲得条件となっており、両車共に優秀な試験結果であることが判ります。

マイカーを購入する際は、NASVAが公開しているこれらの衝突試験結果も踏まえて安全性の高いクルマを選択したいものです。

(Avanti Yasunori・画像:NASVA)