11月16日から開催の第64回マカオグランプリで、今年発表された新型ホンダNSXのFIA GT3マシン「HONDA NSX GT3」が実戦レースデビューを果たしました。

HONDA NSX GT3が出場するのはFIA GTワールドカップ。このレースはFIA GT3マシンによる世界一決定戦で、メルセデスベンツ AMG GT3、Audi R8 LMS、フェラーリ488 GT3、BMW M6 GT3、Porsche 91l GT3R(Type991)、 Lamborghini Huracan GT3というFIA GT3マシンが参戦。

参戦チームも中国、台湾、香港のみならず、ヨーロッパからもフェラーリ、メルセデス、BMWなどがワークス体制で参戦するなど大きな盛り上がりを見せています。

その中でHONDA NSX GT3はHONDA RACINGからのワークス体制での参戦。アキュラブランドではすでにアメリカでレースデビューしているNSX GT3ですが、アメリカ以外のワールドワイドブランドであるHONDAブランドとしては初参戦となります。

エンジンは市販車からハイブリッドシステムを外したもの。また駆動方式はリア駆動。このあたりの変更点はNISSAN GT-R NISMO GT3と同じで、FIA GT3規格に準拠したものとなります。

17日に行われた予選ではトップのメルセデスAMG GT3から2秒弱遅れの2分19秒231で12位。さすがに何もデータのない状態からの走行ですので、日を追うごとに速くなって来ることは大いに期待できます。

マカオGPは東洋のモナコといわれる市街地コース。それも道幅の狭い生活道路を含むコースで、有名なメルコヘアピンでは常にイエローフラッグが提示されているほど過酷。路面も継ぎはぎが多く、決してレーシングカーにやさしいコースではありません。

そんなマカオでデビューするHONDA NSX GT3。今回のFIA GTワールドカップでは唯一の日本車として活躍を期待せざるを得ません。

そして、HONDA NSX GT3がデビューしたことによりNISSAN GT-R NISMO GT3、LEXUS RC F GT3とSUPER GTのGT500に出場する3メーカーからFIA GT3マシンが出揃ったことになり、日本のSUPER GT、GT300クラスを大いに賑わせてくれることでしょう。来年開催される予定の鈴鹿10時間レースにも大きな期待がかかります。

(写真:大西幸仁、高橋秀彰 文:松永和浩)