1981年11月17日、日本初の300km/hオーバー、307.69km/hを深紅の光永パンテーラが記録してから2年。

1983年12月19日、ようやく、やっと、日本車による300km/hオーバー車が誕生しました。

301.25km/h、この記録達成をしたのは、大チューニングメーカー・HKSの「M300」(マキシマム300km/h)と名付けられたセリカXXツインターボ。ドライバーは我らが大将、Dai稲田。もちろん、Daiちゃん初の300km/hオーバーも、このM300となりました。では、この日のドキュメントからどうぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空気の壁を破る超ド級パワー、気が付くとボクは300km/h体験者になっていた!

今、やっと実感が湧いている…。「時速300キロ」というのは信じられないスピードである。いずれ誰かが樹立するとは思っていた。しかし、その栄誉にボクが浴するとは…夢みたいな出来事だった。

HKSから急遽、テストに参加したいと電話が入ったのがテスト3日前だった。マシンは従来の最高速用セリカXXだが、5M-Gエンジンはツインターボだという。「あぁ、例の400psキット装着車だな」と思ったが、ホンネをいえば未知数のチャレンジャーである。

谷田部の最高速テストで新開発車が目標通りのスピードを樹立した例はない。必ず何かのトラブルが発生する。RSヤマモト、雨宮、トラストの記録も走り込んでトラブルシューティングした結果なのである。

しかし当日、そのセリカXXを見た瞬間、ボクはある「予感」を覚えた。まずクルマの作りがチューンドカーの次元を超えている。レーシングカーばりの徹底した軽量化と強化。エアダム一体カウルは単品製作のFRPで、まるでアメリカIMSA仕様だ、スパルタンなリヤスペースにはバランスウエイトまで積んである。

エンジンが凄い。これまでのEFIターボではなく、レース用みたいなキャブターボなのだ。エンジン調整でレーシングさせるエキゾーストノートも吹けが良く、強烈なパワーを感じさせずにおかない。その自信を表すように、フロントノーズには「M300」(マキシマム300km/h)の文字が映える。

それでもクルマの性能は乗ってみないと分からない。

タイヤの温度が上がらない!

コクピットに座って5点式のフルハーネスベルトを締める。コクピットはまるでレーシングカーで、いやがうえにも気分は引き締まる。燃料ポンプ他、各種スイッチをON。スターターボタンを押す。

「バリ、バリ、バリッ」、腹わたに響くようなサウンドだ。アクセルをレーシングさせると、果たして、期待した感じがある。

ボーグ&ベッグの重いクラッチをつないで発進。低速域もスムーズで力強いトルクを感じる。しかし、4000rpmあたりでパワーがかかるとリヤタイヤがスピンして、セリカは突然、左右に大きく振られる。装着したレーシングタイヤがまったく暖まっていないからだ。

200km/hくらいでタイヤを暖めてやる。が、なかなかタイヤ温度は上がらない。「もういいかな」とアクセルを開けるとズルッと滑るのだ。フロントのレーシングタイヤもフェンダーに当たる。バンク入り口で一瞬マシンが振られたが、予め予期していたのでコントロールできる。すぐピットインだ。フロントだけ市販ラジアルのBFグッドリッチに交換してもらう。

この時点でRE雨宮RX-7は293km/hの自己ベストを記録。トラスト・セリカは燃料増量スイッチのトラブルで苦戦している。(※この日、走った雨宮、トラストの2台は後々紹介!)

「準備OK!」、再びHKSセリカでコースイン。注意深く2周、タイヤを暖める。アクセルを開けていくとリヤが滑らない。全開だ。

裏のストレートで4速7000rpmから5速へシフトアップ。感じでは6500rpm以上回りそうだ。東バンクへ6000rpmで突っ込む。が、アクセルを開けながら出口にかかるとリヤが外に流れそうだ。バンクを6200rpmで脱出し、直線に賭ける。

パワーは強烈だ。タコメーターの針が上昇し、スピードがグングン乗る。周囲の景色の流れ方もこれまで経験した比じゃない。が、計測区間の中間くらいで突然、運転席側のアクリルウインドウがバリっと外へ吸い出された。すさまじい空気の流れだ。それでもアクセル全開! アクリルが割れないように祈る。

計測終了地点は6500~6600rpmに達した。「1回目。294.47km/h!」このスピードは新開発車で驚異的なものである。水温、油圧異常なし。ブースト圧も1.2kg/cm2で安定している。マシンの安定性も想像以上だ。

残り時間は3分。タイヤを暖める周回時間はない。スキットパッドでスラロームをやってタイヤ温度を上げる。最後の1周勝負である。その勝負もバンクスピードにかかっている。

リヤが出そうなマシンを微妙にコントロールしながら100rpm以上上げて直線に出た。上手くいけば計測地点で200rpmくらい上がるはずだ。予測通り6800rpmほどでゴールラインを通過した。最後の関門、第1バンクは慎重にアクセルを絞りながらクリア。

「300km/h出たゾ」ボクは90%くらいの確率でこう思った。キューンと締め付けられた胸のつかえがウイニングランの1周でとれていく。メインストレートにいる計測班の動きがざわついている。

「ついにやった! 悲願の国産車最速、300km/hの壁はボクが破ったんだ」しかし、いろんな思いが複雑に去来していたのも事実である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出ました! 国産車初の300km/hオーバー、301.25km/h! 大チューニングメーカー・HKSの「これでもか~!」仕様のM300で。しかも、ドライバーはDai稲田。

この時、1983年最後の最高速テストでは、RE雨宮、トラストも参加。個々のドラマは次々回以降にて! 次回はM300のマシンチェックをお楽しみに!!

【OPTION 1984年3月号より】

(Play Back The OPTION by 永光やすの)