ジャガーXEの2018年モデルが11月17日から受注を開始しています。同日、ジャガー「XE SV PROJECT 8」の受注も開始されました。

「XE SV PROJECT 8」は、「F-TYPE Project 7」に続くコレクターズ・エディションの第2弾。世界販売台数は限定300台で、早期受注の日本市場割り当て分は、好評につき完売したそうです。

しかし、ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、今後も世界受注が300台に達するまで優先的に英国本社より取り寄せするとしています。

「XE SV PROJECT 8」は、最高出力600ps/最大トルク700Nmを発生させる5.0LのV型8気筒スーパーチャージャーを搭載し、最高速度は約322km/h、0-100km/hは3.3秒を誇るジャガー史上最もパワフルなハイパフォーマンスモデル。

担当するのは、「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」で、デザイン、エンジニアリング、組み立てのすべてをSVOが手がけています。

ボンネットやバンパー、フェンダー、サイドスカートやフロントスプリッター、リヤエアロウィングにカーボンファイバーが採用され、ジャガー自慢の軽量アルミニウム構造もあって軽量化が図られています。

車高は公道仕様と15mm低いサーキット仕様の2種類を用意。2シーターのサーキット仕様では、カーボンファイバー・レーシングシートがオプションで装着することが可能で、シートは4点式コンペティションハーネスで固定し、後席の代わりに、マルチポイント・ハーネスのリテンションフープが設置されます。

公道仕様では、4座席すべてにオイスターコントラストステッチが施されたエボニーレザーシートが搭載され、フロントは軽量マグネシウムフレームが採用されたパフォーマンスシートを搭載。

ボディカラーは、標準色の3色(フジホワイト、ナルヴィクブラック、カルデラレッド)に加えて、オプションで5色のSVOプレミアムカラー(ヴァレンシアオレンジ、ヴェロシティブルー、メリベルホワイト、ヴェルビエシルバー、サテンコリスグレー)が用意されます。

オプションで「Bespoke by SVOエディション」を選択すれば、合計10,000色のボディカラーとアクセントカラーに加えて、レース仕様のデカール、ペインテッドブレーキキャリパー、コミッショニングプラークなどの多彩なアイテムから自分好みの一台に仕上げることが可能。ジャガーらしい豊富なカスタムオーダーメイドもオーナーの所有欲を満たしてくれそうです。世界限定300台の「XE SV PROJECT 8」の駆動方式は4WDで、価格は21,810,000円です。

(塚田勝弘)