ドイツの市街地で、アウディ初となる電気SUV「e-tron クワトロ」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

鮮明に捉えたスパイショットからはミラーレスではない通常のサイドミラーが見られるものの、滑らかなルーフラインやシャープなヘッドライト、リアのストリップLEDライトなど、2015年に公開された「e-tron クワトロ」から継承されるデザインは多いようです。

パワーユニットはフロントに1つ、リアに2つの合計3つのモーターを搭載。最高出力は435psですが、オートブースト機能により、瞬間的に500psを発揮することが可能です。この機能により、0-100km/h加速を4.6秒とポルシェ「911カレラ」と同じパフォーマンスを発揮するとレポートされています。

また95kWhの大容量バッテリーにより、一回の充電で310マイル(500km)の走行を目指しているようです。これはテスラ『モデルX』のラインアップにある「75D」の417km以上で、「P100D」の542kmとほぼ同等の数値です。

市販型のワールドプレミアは、2018年内が有力ですが、1月のデトロイトモーターショーでサプライズ公開があるかも知れません。

(APOLLO)