2017年12月25日にマイナーチェンジを受けたトヨタ・ヴェルファイア/アルファード。第2世代を謳う「Toyota Safety Sense」の全車標準化が目玉となっています。

さらに、走りの面でもアップデートが図られています。3.5L V6エンジンを「2GR-FE」から、レクサスGSにも搭載されている直噴+ポート噴射(D-4S)の「2GR-FKS」に変更。。ミッションも従来の6ATから8AT(Direct Shift-8AT)に多段化されたことなどにより、JC08モード燃費は9.5km/L(2WD)から10.6〜10.8km/L(2WD)に向上。

エンジンスペックは、最高出力301ps/6600rpm、最大トルク361Nm/4600-4700rpmで、マイナーチェンジ前の280ps/6200rpm、最大トルク344Nm/4700rpmから、21ps/17Nmのアップ。

なお、3.5L V6エンジン搭載車(2WD)の車両重量は2090kg〜2150kgで、新グレード「Executive Lounge」系は、ほかのグレードよりも50〜60kg重くなっています。

ほかにも、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性も向上されたそうで、優れた操縦安定性と乗り心地を得たとしています。

なお、3.5L V6エンジン搭載車は、16インチから17インチのベンチレーテッドブレーキに変更され、ブレーキ性能も引き上げられています。

(塚田勝弘)