2018年1月12日〜14日の3日間、幕張メッセで開催される東京オートサロン2018。トヨタ車の架装ブランドであるモデリスタインターナショナルは人気の高いミニバン、トヨタ・ノアをベースとしたコンセプトカー「NOAH MU(Multi Utility)Concept」を出展します。

このNOAH MU Conceptはセカンドシートがあり、普段は5人乗りのノアを「ファン×ファッショナブルモバイルベース」をコンセプトにカスタマイズしたコンセプトカーです。エクステリアはエアロパーツでクールな印象に仕上げ、インテリアは車中泊も可能なモバイルベースに様変わり、といったようにモデリスタが得意とするカーライフをもっと楽しくするカスタマイズが凝縮されています。

注目のインテリアは、リアのバックドアガラスとサイドウィンドウの3面がプロジェクターを投影できるように変更されています。さらに高級オーディオJBLのスピーカーを車内に設置することで、車内をビジュアルルームへと変身。

ラゲージアンダーボックスをクーラーBOXに変更したり、バックドアやラゲージルームの天井にLEDライトを装着することで利便性を高めています。助手席のシート背面に装着されているLEDシートバックテーブルパネルは通常青く光りますが、NOAH MU Conceptでは装着したオリジナルシートカバーと同様にモデリスタのイメージカラーである緑色へと変更することで、車内をコーディネイトしています。

ラゲージ部分には収納可能なボードを搭載。使い方によって豊富な積載量を誇るラゲージモードや大人二人がくつろげるベッドモードに変わり車中泊ができるモバイルベースへと変わります。

サイドコンソールには、AC電源やUSBジャックに加えて、アンカーナットを搭載しておりスマートフォンやタブレットの充電や電気機器が使用できます。さらにラゲージモードの時にボードを収納しておくケースは前後に動かすことが可能で、多彩なシートアレンジが可能となっています。

 

NOAH MU Conceptのエクステリアはすでにモデリスタが販売しているエアロキットを装着。Si用のエアロキットはフロントスポイラー、スタイリッシュモール、リアスカートの3点セットで12万4200円(塗装済)です。

 

さらにメッキパーツのフードガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、バックドアガーニッシュがセットになったSi用の7万200円のクールシャインキットをはじめ、メッキのドアハンドルガーニッシュ1万2960円、リアスポイラー4万3200円(塗装済)。加えてハイブリッド車用5万4000円、ガソリン車2WD車用6万2640円のスポーツマフラーなどを装着しています。

装着する18インチアルミホイール&タイヤセットは25万9200円。ホイールは18インチ×7.0JのモデリスタWingDancerVI(ブラック×ポリッシュ)。タイヤはトーヨータイヤのトランパスMLでサイズは215/45R18インチとなっています。

見た目のかっこよさとエンタテイメント性そして利便性を追求した室内空間を全て兼ね備えたカスタマイズカーがNOAH MU Conceptなのです。ブースではミューズの一嶋かなさんが紹介してくれます。(文中内の価格は全て税込です)

(萩原文博)