2列シートSUVのプジョー3008に続き、そっくりな顔つきのプジョー5008が昨年秋に日本上陸を果たしました。5008は3列シートのみで、フロントオーバーハングからフロントドアまでは3008と共通。プラットフォームは3008と同じ「EMP2」が使われています。

プジョー5008のボディサイズは、全長4640×全幅1840mm(GTは1860mm)×全高1650mm、ホイールベースは2840mm。全幅と全高は、プジョー3008と同等ですが、3008よりもホイールベースが165mm長く、全長は190mm延長されています。

エンジンラインナップも3008と同じで、1.6Lの直列4気筒ガソリンターボ、2.0Lの直列4気筒ディーゼルターボを設定。組み合わされるトランスミッションはともに6ATで、駆動方式はFFのみです。

まず、1.6Lガソリンターボのインプレッションからお届けします。3008と同様、街中から高速域まで高い静粛性が美点で、さらにフラットライドでしなやかな乗り味も健在。

アイシンAW製6ATは、日本車に積まれている同社製ATよりも少し変速にメリハリがある感じで、1-2速、2-3速間では意図的なのか少しショックも感じられます。

一方、3008よりも車両重量が80〜90kg増えているだけあって165ps/240Nmというアウトプットの1.6Lガソリンターボは、必要十分な動力性能を確保しているものの、3008ほどの速さや軽快感まではありません。

3列化されたことで懸念されるハンドリングに関しても3008の美点を継承。多様なコーナーが続く山岳路でもSUVの中ではかなり素直に向きを変えてくれる部類に入りそう。しかも、ロングホイールベース化により直進安定性がさらに高まっていて、最近のプジョーシトロエンらしい素晴らしいシャーシの仕上がりといえます。

取り回しや駐車場のしやすさなどを考えると、多人数乗車の必要性がない限り当然3008を指名した方が利点は多いように思えますが、3列シートSUVを指名するのなら選択肢に入れたい存在といえます。ただし、3008と同様、それ以上に斜め後方の死角は大きく、試乗する機会があるのなら確認しておきたいポイントです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)