派手さはなくても、高い実力を備えて「質実剛健」という言葉がピッタリ当てはまるブランドがフォルクスワーゲン(以下VW)ですが、従来のVWのイメージを打ち破るクルマが2017年10月に日本に導入されました。それがVWの新たなフラッグシップモデルであるアルテオンです。

アルテオンはパサートをベースとしたスタイリッシュなクーペモデルで、ボディサイズは全長4865mm×全幅1875mm×全高1435mm。全長で800mm、全幅45mm、全高はマイナス35mmとワイド&ローなファストバックスタイルを採用。またホイールベースも2835mmと45mm延長され、広大な室内空間を実現しています。

広大な室内空間はリアシートに大人が座っても足元のスペースに余裕があるだけでなく、トランクスペースは5人乗車時で約563Lという容量を確保。さらに分割可倒式のリアシートを全て倒せば最大1557Lまで拡大することができます。クーペのような流麗なスタイリングを採用しながらも、実用性の高さを兼ね備えているのはさすがです。

アルテオンに搭載されているエンジンは、最高出力206kW(280ps)、最大トルク350Nmを発生する2L直列4気筒ターボTSIです。組み合わされるミッションはゴルフRに採用された最新の7速DSGでJC08モード燃費は13.3km/Lを実現しています。

駆動方式は第5世代となるフルタイム4WDシステムの4モーションを搭載。普段はFF(フロント100:リア0)の状態で走行していますが、ドライバーのアクセルワークやホイルスピード、ハンドルのアングルなどを分析して前後の駆動トルクを計算し、瞬時に前後輪へ最適に配分するというシステムです。路面状況や走行状況に応じて最適なトルク配分を行うので燃費の悪化を最小限に抑えるだけでなく、安定した走行を実現しています。

アルテオンの安全装備はVWの最新技術が集約されています。後方からの衝突予測機能であるプロアクティブ・オキュパント・プロテクションをはじめ渋滞時追従支援システムトラフィックアシストなど全10種類の予防安全機能を装備しています(Rライン4モーション アドバンス)

アルテオンは車両本体価格549万円のRライン4モーションと599万円のRライン4モーションアドバンスの2グレードが用意されていますが、今回試乗したのは上級グレードのRライン4モーションアドバンスです。

水平のフロントグリルバーがLEDヘッドライトと一体となっているディテールは個性的なだけでなく、ワイドボディを強調。圧倒的な存在感を醸し出します。

インテリアはコクピットにデジタルメータークラスターのアクティブインフォディスプレイやヘッドアップディスプレイなど最新のデジタルインタフェースを採用。先進性だけでなく高い機能性も兼ね備えています。

一般道を走行するときにはアクティブシャシーコントロールDCCをコンフォートに設定しました。ショックアブソーパーの減衰力をコントロールしてくれて、20インチという大径タイヤを装着しているにも関わらず、路面アンジュレーションやつなぎ目の衝撃などをいなしてくれ快適にドライブすることができます。

アルテオンは全長4865mmという大柄なボディですが、実際に運転してみると軽快さが際立ちます。まるでベースがパサートではなく、ゴルフGTIではないかと錯覚してしまうほどでした。DCCをスポーツにすれば、本格スポーツカーに匹敵するパフォーマンスを発揮することは容易に予想できます。

4ドア4シータークーペ流麗なスタイリングのVWアルテオン。フラッグシップに相応しい乗り味と安全性能そして高い実用性を兼ね備えたVWの魅力が凝縮されたモデルに仕立てられています。

(萩原文博)