メルセデスAMGは、2018年3月のジュネーブモーターショーで新型4ドアサルーン「GTクーペ」を公開予定ですが、そのコックピットをスクープしました。

開発車両のティザーイメージが数点公開されていますが、コックピットは未公開です。今回鮮明に捉えたインパネ画像では、「AMG GT」とは異なる高解像度タッチスクリーン式デュアルディスプレイ「MBUX」を装備していることが確認できます。これはAI(人工知能)を導入した音声認識アシスタントです。またその下には、ジェット機のタービン風4連エアコン吹き出し口やスポーティなステアリングホイールも見えます。

「GTクーペ」は、2ドアのメルセデスAMG『GT』の4ドアバージョンにあたり、「く」の字に釣り上がるヘッドライト、縦型クロームメッキフィンが配置された「パナメリカーナグリル」、エアロダイナミクスを向上させるエアスプリッター付きベンチレーションなど、アグレッシブなフロントマスクを特徴とします。

パワーユニットは不明確な状況ですが、現在入手している情報では最高出力400ps程度を発揮する直列6気筒+電気モーター「EQパワー+」や、最高出力800psとも言われるV型8気筒ツインター+EQパワーなどが予想されています。

(APOLLO)