これまでガソリンエンジンと「S-HYBRID」というマイルドハイブリッドのみだった日産セレナ。今回「e-POWER」が加わりました。

e-POWERの特徴はタイヤに伝わる動力源はモーターのみだというところ。そのモーターを動かすバッテリーへの充電をエンジンが担うというシステムなのです。

この機構は同社のノートに搭載してデビューしたもので、一般的にはシリーズハイブリッドと分類されます(ステップワゴン・ハイブリッドも大きなくくりでは同種です)。
今回、このシステムをセレナへ搭載するにあたってはエンジンとモーターの出力を大きくし、バッテリー容量も拡大しました。

またノートe-POWERにはない新規機能として「マナーモード」が用意されています。これはEVモードとも呼べるもの。選択している時にはエンジンは作動せず、バッテリーに蓄えたエネルギーのみでモーター走行するのです。これによって深夜・早朝の住宅街での移動時などを静かに=つまりマナーモードで走行できるというわけですね。

なお、このモードでの走行距離はバッテリー蓄電状況によって変化しますが、最大・約2.7kmです。さらに、蓄電を促すためのチャージモードという機能もあります。これを作動した状態ではエンジンを積極的に運転させ充電を行います。

つまり深夜・早朝の移動に備えて幹線道路等でチャージしておき、住宅街に入ったらモーターのみで走行するというかたちですね。

今回、このマナーモードでの走行を試してみました。

アクセルを踏み込むと無音で滑らかに加速していきます。このフィールはノートと同種のはずなのですが、セレナではさらに清涼感が高まっていて胸のすく加速が楽しいです。

それはエンジンがほぼ常時稼働しているノートとの違い……だけではなさそうです。楽な姿勢で視界が広大な、ミニバンならではの素性も効いているのではないでしょうか。窓は閉めていましたが風を感じられるような不思議な感覚でした。

セレナe-POWERはノートと同じシステムを持ちますが、車体の性格が異なることと新機能追加で新しい世界観を作れました。ミニバン購入で迷っている人はもちろん、広く自動車好きは試乗をおすすめします。クルマ選びの視界が広がるかもしれませんよ。

●セレナe-POWER主要スペック

エンジン出力:62kw
モーター 出力:100kw
バッテリー容量:1.8kwh
価格:e-POWER Xの296万8920円からe-POWER ハイウェイスターV・価格340万4160円まで

(写真・動画・文/ウナ丼)