シトロエンから高級ブランドとして独立した「DS」。そのエントリーモデルであるDS 3は、欧州Bセグメントの中でも個性的なフォルム、内・外装の高い質感が特徴で、しかもカタログ仕様には「Sport Chic(スポーツ シック)」というMT仕様も用意するなど、なかなかマニア受けしそうなモデルになっています。

2016年にはDSウィンググリルとLEDビジョンヘッドライトが採用され、スタイリングが一新されています。さらに、独自の存在感を放ってきたのが6速MT仕様の「Sport Chic」といえるでしょう。

2018年3月12日から発売された限定車の「DS 3 PERFORMANCE LINE MT FINAL VERSION」は、「Sport Chic」をベースにオールブラックペイントのホイール、限定車専用のエンブレム、ストライプステッカー、さらにコックピットにはレザーシフトノブ、専用色のステッチや「PERFORMANCE LINE」の刺繍が施された特別仕様。

車名からも分かるように、6MTが組み合わされたファイナルバージョンになります。用意されるボディカラーは、「ブランパールナクレ+ノアールオニキス」の2トーンと、「ノアールペルラネラモノトーン」の2色。価格は「Sport Chic」から据え置きの299万円で、限定台数は20台です。

(塚田勝弘)