ポルシェがクロスオーバータイプのEV「Mission E CrossTurismo」をジュネーブモーターショー18で公開しました。

同社が2019年に市販を予定しているEVスポーツセダン「Mission E」の派生モデルで、アイ・トラッキング・システムを採用しています。

フラットディスプレイにバーチャル表示される 5個のメーターは、ドライバーの着座位置に合わせて視差効果を利用しながら表示を自動調整する構造。ルームミラー内のカメラがドライバーの視線を追跡しており、注目しているメーターを中央に表示、他のメーターを縮小表示します。

また、手の動きに反応して作動するワイドなホログラムディスプレイが搭載されており、ドライバーや助手席のパッセンジャーはダッシュボードに触れることなく、直感的な動きでラジオやナビゲーション、エアコン、電話、アプリといった機能の操作が可能。

一方、搭載されているリチウムイオン電池は、800Vの急速充電ネットワークに対応しており、満充電で500kmの走行が可能。15分程度の充電時間でも400kmの走行が可能とか。

ポルシェはこの高速充電を「ターボチャージング」 と呼んでいます。システムとしての最高出力は600psで、0 ‐100 km/h加速は3.5秒、最高速度は250km/h。

このように「Mission E CrossTurismo」は「Mission E」同様の高い運動性能に加え、クロスオーバーモデルとしての十分な室内容量が魅力となっています。

(Avanti Yasunori・画像:Porsche)