スズキが4月19日、ミニバン「エルティガ」をフルモデルチェンジしたと発表しました。

「エルティガ」は同社が2012年にインドネシアとインドで生産を開始した7人乗りのミニバンで、取り回しの良さや、広い室内空間などが好評を博しており、世界70ヵ国以上に輸出、本年2月末までに累計67.6万台を販売しています。

新型の車両サイズは全長4,395mm、全幅1,735mm、全高1,690mm、W/Bが2,740mmで105psを発生する新開発1.5L直4エンジンを搭載。新プラットフォームを採用しており、全長を130mm延長したことで更に広い室内空間と荷室スペースを実現しています。

インドネシアでは市場全体の約3割をミニバンが占めており、スズキは新型「エルティガ」の大幅改良により、同市場でのプレゼンスを拡大する考えのようです。

(Avanti Yasunori・画像:SUZUKI)