モーターファンフェスタ2018 in富士スピードウェイのモデリスタブースでは、ちょっとクラシカルなモディファイが施されたハイエースが登場。

60〜70年代の西海岸テイストなツートーンカラーが雰囲気をかもし出している、ハイエース「Relaxbase」。このゆるい感じのテイストが和みます。

明るい色調なのにブルー系をあしらうことで落ち着きも見せるRilaxbaseの最大の見所は、白木調のフロアパネルとベッドとしても使えるベッドキット。ハイエースの広い荷室スペースがそのまま居間ような居心地のよさになります。またエンジンを切った状態でも100V電源も使用できる補助バッテリーを装備しているので使い方はいっそう広がります。

外観も淡いアイボリーとなっており、見るからにリラックスできそうなハイエースに仕上がっています。

フロントはメッキパーツが配されていて、ちょっとだけシャープ。こういうアクセントはたまりませんね。

そのハイエースのとなりに展示されているノアは、モデリスタお得意の都会的なエアロが特徴的。そしてモデリスタオリジナルホイールが精悍さをいっそう引き立てます。

こちらも木目調フロアパネルを装備し、2列目シートとフラットになるボードを装着。足を伸ばしてくつろげる空間が広がります。

ハイエースとノア、どちらも出かけていった先での快適なリラックスを提供して、最近流行のゆるいキャンプライフ「ゆるキャン」に向いたカスタマイズを提案しているようです。

(写真・文:松永和浩)