BMWが4月25日に開幕した北京モーターショー2018において、ピュアEV「Concept iX3」をワールドプレミアしました。

2020年に市販予定の「iX3」を示唆したSUVで、「X3」をベースに開発。車両前部のキドニーグリルは空気抵抗の低減を目的に開口部を閉じたEV用の意匠が採用されています。またラジエータグリル下辺やボディサイド下方にはクリーンなEVをイメージさせるブルー色を使用、ホイールについても空力を考慮した意匠を採用。

蓄電容量70kWh超のバッテリーを搭載しており、第5世代の強力な電気モーターとの組合せにより最高出力は270hp以上、一充電あたりの航続距離は400km以上となっており、最大150kWでの急速充電により、約30分で満充電となるそうです。

BMWはこの「Concept iX3」を、同グループの電動化戦略開始を告げるモデルと説明しています。

(Avanti Yasunori・画像:BMW)