GPレーサーなどが着ている名前入りのオリジナル革ツナギって憧れませんか? 使う機会がないライダーでも「世界に一つだけの自分用ツナギ」は思わず欲しくなっちゃうと思います。

それをPC上で作れて妄想をふくらませるサイトがオープンしたんです!

このサイトを作ったのは、世界的に人気なバイクウェアメーカー「DAINESE」。

GPレーサーもダイネーゼの革ツナギを多くのライダーが着用しています。値段は正直安くありませんが、性能はピカイチ! 多くのライダーから信用されているメーカーです!

このサイトはPC限定で動くサイト。スマホからアクセスしても「PCで開いてくれや」と弾かれてしまいます。今はスマホ全盛ですが、たまにはPCでのんびりイジってください!

自分でデザインできるのはツナギ、ジャケット、パンツの3種類。

ツナギを選択すると、ダイネーゼ製のツナギがズラッと並んでるページに。価格帯は様々ですが、一番安いやつでも結構高い! しかしこれをやったら絶対に買わなければいけない、ということではないので今回は一番高いやつにしました。

ベースとなるツナギを選んだらカスタムデザインを選択。すると3Dデータが作成され、自分でイジれるように!

マウスで回転させ、色を変えたい部分をクリックすると横にカラー選択パネルが出現。かなり細かいところまでイジることができます。

これは楽しい。こんなトコまでイジれるのかよ!と驚いてしまうレベル。

調子に乗って色々変えていたら、かぼちゃみたいなカラーのツナギが完成してました…。色んなカラーを入れ過ぎるとまとまりが無くなってしまうので難しい。ただ難しいからこそ、凄いハマっちゃいます!

デザインできるのは各部の色だけではなく、画像や文字も入れることができます。しかも文字の場合、フォントの種類まで選べるのがスゴイ。入れられる箇所も自由度高いですよ!

本来の使い方ではありませんが、自分だけのツナギやジャケットがweb上で作れるって結構楽しい。時間を忘れていくらでも作れちゃいます。給料日後のアクセスは危険なレベル。妄想が止まらなくなり、思わず80万のツナギポチりそうになりました…。

こういうサービスが出る前は自分でデザインするツナギってあんまり現実的じゃありませんでしたが、これなら本当に簡単!

遊びでイジるのもいいですが、そのうち真剣になって買っちゃうかもしれない…。結構ハマるサイトなので、一度イジってみてください!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン)