最近市場が潤ってきた125MTシリーズ。スズキから登場したGSX-R125は、あの「GSX-R」の名がついてるとだけあって超注目マシン。

最新の125って実際どんなもんなんでしょうか?

125でフルカウルって中々ありませんが、GSX-Rは超本気のフルカウル。125だからって中途半端な感じはしませんでした。並の250以上にしっかりしてるんじゃないでしょうか?

細かいところのデザインもしっかり作りこんであって、高級感さえ感じるくらい。正直125の安めのバイクだと思ってナメていたので、実車を見た時はかなり驚かされました。

ヘッド、テールライトのデザインが特徴的で、リッタークラスのGSX-Rの雰囲気をしっかり受け継いでる印象。

ナンバーがあるから125だとわかりますが、これ大型のナンバーつけても全く違和感感じなくないですか? 街で走ってたら思わず振り返ってしまうような迫力あるデザインです。

エンジンは水冷125cc単気筒エンジン。フルカウル車って、エンジンがほとんど隠れてるバイクが多いですが、GSX-Rのこのチラ見せ感、エロい。

ABS付きで制動力は抜群。見た目若干頼りない感じもするフロント周りですが、ライトウェイトスポーツとしてはちょうどいい感じでしょう。

一番驚いたのが、ハンドルの位置。トップブリッジの下に着いてるんです。昔のスポーツバイクだと結構ありましたが、現行車でトップブリッジ下にハンドルが付いているのはHondaのCBR250RRとコレくらいでしょう!(外車除く)

しかも結構絞ってあって、さすがはGSX-Rと言うだけあるな、って感じがします。メーターのデザインもかなり今風、カウルと車体の隙間にパネルが入ってるので、チープな雰囲気のかけらもありませんでした。

次回は試乗インプレッション、こういうマシンは峠でしょ!ってことでひとっ走りしてきました。ちょっとだけ先行で感想を言っちゃうと、125のスーパースポーツってまさにこれのことですよ!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン・PHOTO:渡辺昌彦)