通勤・通学ライダーから絶大な支持を受けている125ccスクータークラス。

僕も毎日バイクで通勤していますが、朝晩の通勤ラッシュはほとんど125スクーター。定番の車種ばかりですが、実際そこはもうやり尽くされた感じ…?

スズキから登場したスウィッシュはそこに便利さと速さを盛り込み、新しい風を吹かせようとしています!

新たに登場したスウィッシュは、今までのスクーターとはひと味違い「上質なスタンダードスクーター」としています。顔面の迫力は強いけど、確かにどこか気品があるというか、同クラスのスクーターに比べて高級感があります。

テールランプのデザインは最新のトレンドを取り入れ、2本線タイプのLEDテール。最近の125スクーターは皆このタイプになってきましたね。

実はこのバイク、一般的なスクーターと比べて少し小さめの10インチタイヤなんです。

これにはスズキならではのこだわりがあるらしく、軽快なハンドリングとコンパクトな車体、取り回しの良さ全てを実現するために研究した所、ここに行き着いたとか。試乗はできませんでしたが、取り回しは車体サイズに比べて結構軽めの印象でした。

エンジンにも秘密があり、通勤車の定番とされているアドレス125と比べて更にパワーアップしてるんです。スズキお得意のSEPエンジンなので、低回転からパワーが出るためクラッチを速く繋ぎ、無駄に回転をあげずに走ることができます。

それに軽快さも加わるって…朝の通勤ラッシュ群をササっと切り抜けられそうですよ!

SWISHってどういう意味?

SWISHって和訳するとどういう意味なのか、調べてみると翻訳結果は「灰汁抜けのしました」。あー…灰汁抜けのしましたかぁ!とはならず、別の翻訳で調べてみると「ヒュッと振り回す」という意味でした。

「鞭をヒュッと振り回す」や、バスケのゴールでリングに触れずに入ることをスウィッシュと呼ぶこともあるとか。今回の場合「軽快」という意味になると思います!

スウィッシュは走りだけでなく、利便性も追求したバイク。ハンドル下の収納スペースはかなり広めになっています。キー横には充電や電源にも使えるUSBソケットを標準装備!

最近ではUSBソケットもメジャーになってきましたが、やっぱりあると無いじゃ全然違いますよね。後付けできるキットも安く販売されていますが、配線の取り回しが結構面倒だったりします。バイク屋さんに頼む位なら純正であったほうが嬉しくないですか!?

シート下スペースもかなり広めの28リットル。フルフェイスを入れてもまだ余裕があります。こんなデカイスペース確保しといて軽快さも同時に成り立たせるって結構凄いことですよ!スタンダードモデルとは別にリミテッドは冬装備のモデル。なんとシートヒーター付きです…!

グリップヒーターももちろんあります。ナックルバイザーも合わさって冬の厳しい通勤も楽々。後から色々カスタムしなくてOKなまさに「冬特別仕様」なモデルとなっています!

カラーは、ブルー・レッド・ホワイト・ブラックの4色。

発売日はスタンダードモデルが2018年6月26日LIMITEDモデルは2018年9月21日となっています。

次はどのメーカーが何をするのか気になっていた125スクーターシリーズですが、今回のスウィッシュはかなり期待できそう。通勤・通学ライダーの目線から作ったバイクなので、使い勝手や利便性はかなり上のレベルですよね。

この軽快さがどこまで出てくるのか、発売が楽しみです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン)