【シカゴで発表されたレーシングオレンジのロードスター30周年記念車】

マツダが2019シカゴオートショーで発表したロードスター生誕30周年記念車(北米での車名はMX-5ミアータ)が、わずか4時間で完売したというニュースが届きました。

初代ロードスター(MX-5ミアータ)がデビューしたのは、国産ビンテージイヤーと呼ばれる1989年。当時、日本ではEUNOS(ユーノス)という新しい販売網での扱いで、マツダではなくユーノス・ロードスターという車名でした。

そんなロードスターも現行型は4代目、日本では1.5Lエンジンのソフトトップ(幌)のロードスターと、2.0LのリトラクタブルハードトップのロードスターRFという2つの個性をラインナップしています。

シカゴオートショーで発表された30周年記念車は「レーシングオレンジ」と名付けられた専用ボディカラーに、レイズ製17インチアルミホイール、レカロシートなどを装備しています。もちろん、ボディはソフトトップとRFの両方が用意されました(北米ではいずれも2.0Lエンジンを搭載しています)。

気になるメーカー希望小売価格は、税抜きで34,995ドル〜37,995ドル。日本円にすると385万円〜418万円といったところですから、けっして手頃な価格とはいえません。

●受付開始から15分で100台を受注、4時間で完売状態

そんなロードスター30周年記念車の北米市場向けの割り当ては500台。それでもWEBでの予約開始からわずか4時間でオーダーストップ状態になってしまい、キャンセル待ちのリストは増える一方だということです。

さらに細かくいえば、最初の15分で100台分のオーダーが集まり、1時間過ぎには半分ほどに注文が入ったということ。おそらく日本でも同様の状況となるでしょうから、30周年記念車を手に入れたいのであれば、迷うことなくオーダーを入れることがポイントとなりそうです。

なお、北米での販売比率はソフトトップ6割、RFが4割となっている模様。欧州では、まもなく開幕するジュネーブモーターショーにて公開されるというロードスター30周年記念車ですが、欧州での販売比率も気になるところ。はたして日本ではどうなるのでしょうか。

(山本晋也)