●いよいよ新型デリカD:5の販売がスタート。価格は3,842,640円〜4,216,320円

特徴的で圧倒的な存在感を放つフロントマスクを備えて登場した新型デリカD:5。「東京オートサロン2019」で実車をチェックした方も多いのではないでしょうか。

迫力あるフロントマスクは、三菱自動車のフロントデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」、縦型のマルチLEDヘッドライトによるもの。また、新たにフロントメッキグリルやワイド感のあるフロントバンパーなどにより、さらに迫力を増した「URBAN GEAR(アーバンギア)」も設定されています。

内装もデザインが刷新され、水平基調インパネは機能性と開放感を兼ね備え、ビッグマイナーチェンジ前(現行型)よりもクオリティアップが図られています。

安全装備もアップデート。衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」をはじめとした予防安全技術「e-Assist」を装備することで安全性も引き上げられています。さらに、大幅改良を受けたクリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードATの組み合わせにより、よりパワフルで静粛性を高めた滑らかな走りも見どころです。

新型デリカD:5は、ディーゼルエンジン搭載モデルのみで、ガソリンエンジン搭載モデルは現行型デリカD:5のグレードと装備内容を見直し、継続販売されます。

4WDのみとなる新型デリカD:5は、3,842,640円〜4,216,320円。2.0Lと2.4Lガソリン、2WDと4WDを設定する現行型は2,449,440円〜3,218,400円です。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘・三菱自動車)