■Alfa Romeo日本向け初のディーゼルエンジン搭載車が登場

・アルファ初のSUV「Stelvio(ステルヴィオ)」と最上級セダン「Julia(ジュリア)」から

2019年2月18日、日本向けのアルファ ロメオ車として初めてSUVの「ステルヴィオ」、最上級セダンの「ジュリア」に新開発のコモンレール式2.2L直列4気筒ディーゼルターボを搭載し、4月6日から発売すると発表しました。

排出ガス対策として、1行程で2000bar(気圧)の高圧燃料噴射を最大8回行う高精細な燃料噴射装置「マルチジェットⅡ」が搭載されるのをはじめ、DPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)やSCR(選択式触媒還元)、アドブルー(尿素水溶液)噴射装置といった排出ガスの後処理技術を採用。日本の排出ガス基準「ポスト新長期規制」をクリアしたクリーンディーゼルエンジンになります。

エンジン本体には、アルファ ロメオのディーゼルエンジンとして初となるアルミ製エンジンブロックや中空カムシャフトが使われていて、極めて軽量なユニットに仕上がっています。エンジン単体重量がわずか155kgに抑えられた結果、クイックかつ収まりの良いアルファロメオらしい軽快なハンドリングの実現に大きく寄与したとしています。

走りでは、低回転域からターボラグが少なく、レスポンスに優れたエンジン特性を実現するという「e-VGT(電子制御式バリアブル・ジオメトリー・ターボ)」を搭載。

すべてのエンジン回転域で扱いやすいのが特徴だそうで、このスポーツディーゼルエンジンは、わずか1,250rpmで300Nm以上を、1,750rpmで最大トルク470Nm(ジュリアは450Nm)を発揮するというディーゼルエンジンらしい分厚いトルクが自慢です。さらに、バランサーシャフトが振動を抑えるのと同時に、組み合わされる8速ATのシフトショック低減も盛り込まれたそうです。車両設計と並行してエンジン開発が行われたことで、NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)が改善し、高い静粛性を実現したとのこと。

さて、ディーゼルエンジン仕様を見ていくと、「ステルヴィオ 2.2 TURBO DIESEL Q4」は、ガソリンモデル「2.0 TURBO Q4」と同等の装備内容になっています。バイキセノンヘッドライトをはじめ、18インチ5スポークアルミホイール、Apple CarPlay/Android Autoに対応したConnectシステム、シートヒーター付のレザーシート、前席パワーシート、リヤパーキングカメラ、パワーテールゲート、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)などの快適装備を標準装備。車両価格は6,170,000円です。

一方の「ジュリア 2.2 TURBO DIESEL SUPER」は、ガソリン仕様の「2.0 TURBO SUPER」と同等の装備内容で、バイキセノンヘッドライトのほか、18インチ10スポークアルミホイールを搭載。さらに、Apple CarPlay/Android Autoに対応するConnectシステム、シートヒーター付プレミアムレザーシート、前席パワーシート、Harman/Kardonプレミアムオーディオシステム、リヤパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)などを用意。価格は、5,560,000円です。※写真には異なる仕様も含まれています。

(塚田勝弘)