スズキは、新型アルトをパキスタンで2019年6月15日より発売を開始したと発表しました。

日本の軽自動車といえば、ガラパゴス化していると指摘されることが多いですが、東南アジアや中国などの地域でも販売されています。ただし、排気量やボディサイズなどは現地のニーズに合わせて変更されるのが一般的です。

販売を担当するのは、パキスタンにおける四輪車、二輪車の生産販売子会社パックスズキモーター社(パックスズキ社)。今回発表されたパキスタン向けの新型アルトは、日本で販売されている軽自動車のアルトと同じ全長・全幅のボディに、優れた燃費性能と力強い走りを両立する660ccのR06A型エンジンを搭載。

基本的なディメンションは同じですが、パキスタンの道路事情を考慮して最低地上高を高くするなど、使用環境に合わせた変更が施されています。運転のしやすさ、使い勝手のよさ、ゆとりある室内空間など、日本で磨いた高い基本性能を求めやすい価格で実現したとしています。

パックスズキ社は1982年の生産開始以来、日本の軽自動車をベースに800〜1,000ccのエンジンを搭載したモデルを中心に生産を担ってきました。スズキの海外拠点で、現在の日本の軽自動車規格と同じボディと排気量を採用したモデルを生産するのは、今回が初めてになります。

スズキは経済性、信頼性が高く、高性能な軽自動車を、日本のみならずグローバルに展開することで、同社が強みとするコンパクトカーの更なる普及を図っていくと表明しています。

パキスタン向けの新型アルトのサイズは、全長×全幅×全高:3,395㎜×1,475㎜×1,490㎜。搭載されるエンジンはR06A型(660cc)で、トランスミッション:5MT/AGS。価格:999〜1,295千ルピー(約779〜1,010千円)。0.78円/ルピーで換算となっています。※上記写真には日本仕様を含みます。

(塚田勝弘)