■3月に欧州から販売開始。日本発売は10月!

そろそろ来シーズンが気になるモータースポーツですが、来年はTOYOTA GAZOO Racingが存在感をアピールしそう。今春のジュネーブショーでのアナウンス通り、GRスープラ GT4の正式発売をアナウンスしたのです!

トヨタGRスープラGT4
トヨタGRスープラGT4

GT4とはFIA(世界自動車連盟)が決めるレーシングカーの規格のひとつ。GT3よりも改造範囲が限られているためプライベートチームでも参戦しやすく、多くのアマチュアドライバーが活躍しています。日本ではスーパー耐久が代表的ですが、その他にもニュルブルクリンク24時間(ドイツ)やピレリ・ワールドチャレンジ(北米)、ブランパンGTアジア(アジア)など、世界中でレースが開催される人気カテゴリーなのです。

トヨタGRスープラGT4
トヨタGRスープラGT4

GTスープラのスペックを紹介すると、エンジンは3L直6ターボを430psまでチューンアップ。これに7速のパドルシフト付きオートマチックトランスミッションと機械式LSDが組み合わされます。

フロントスポイラーとリアウイングには天然繊維コンポジットを採用して車両重量を1350kgまで軽量化。サスペンション形式はノーマルと同一ですが、前後ダンパーはレース用の調整式へと交換されます。ブレーキはフロントが6ポッド、リアが4ポットとなり、タイヤはピレリを装着するとのこと。

インテリアでは、カーボン製のインストルメントパネルと高剛性ロールケージがレースマシンの証。もちろんレーシングバケットシートと6点式シートベルトも装備されます。

GRスープラGT4のインテリア
GRスープラGT4のインテリア

TOYOTA GAZOO Racingは、まず来年3月に欧州で販売を開始し、8月に北米、10月に日本・アジアと順次販売地域を拡大していくとのこと。若手ドライバーの登竜門でもあるGT4カテゴリーにマシンを投入するという点には、スポーツカーの火を絶やすものかというトヨタの熱い意志を感じますね。

参考までに欧州での車両価格は175,000ユーロ(約21,000,000円/関税・消費税・輸送費等別)とのことです。

(文:角田伸幸)