■新型ゴルフとプラットフォームを共有。320馬力超えか?

スペインの自動車メーカー・セアトが開発する新型「レオン」の頂点に設定される、「レオンR STクプラ」の開発車両をカメラが捉えました。

セアト クプラR ST外観_003
セアト クプラR ST 新型プロトタイプ

キャッチしたのは、その派生モデル「レオンR STクプラ ワゴン」です。レオンは、1998年にセアト初の欧州Cセグメントモデルとして誕生、2002年にはハイパフォーマンスモデル「レオンR」を設定するなどラインアップが強化されています。

「クプラ」は2006年に誕生した上級グレードで、当時最高出力241psを発揮、その後2009年にはさらなる強化モデル「クプラR」が設定され、最高出力265psを発揮しています。

セアト クプラR ST外観_011
セアト クプラR ST 新型プロトタイプ

3代目となる現行モデルは2012年に発売されていますが、2015年には「レオンSTクプラ ワゴン」がニュルブルクリンク北コースにて、7分58秒12のタイムを計測、「最速の市販ワゴン」に輝くなど、侮れないモデルと言えます。

捉えたプロトタイプはベンチレーションを含むフロントバンパー形状がカモフラージュされており詳細は不明ですが、グリル、ヘッドライト、テールライトの一部が露出しているほか、クロスドリル・ブレーキローターが見てとれます。

また通常のクプラ レオンが2つのエキゾーストシステムを持つのに対し、R STではクワッドエキゾーストパイプを装備しています。

セアト クプラR ST外観_005
セアト クプラR ST 新型プロトタイプ

新型「ゴルフ」から流用される「MQB」プラットフォーム最新バージョンを採用し姉妹車となりますが、ゴルフに対抗するにはキャビン内のクオリティなどの向上が課題となりそうです。

現行モデルのパワートレインは2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力300psを発揮しています。次期型では、さらなるパワーの上積みが期待されており、320ps以上が噂されています。

クプラR STバージョンのワールドプレミアは2020年夏以降と予想されます。

(APOLLO)