■ポルシェは「将来のスポーツカーになる可能性はない」と否定も…

ポルシェ「918スパイダー」後継モデルと思われる特許画像が流出、スウェーデンのエージェント経由で画像を入手しましたが、その真相は謎を深めています。

ポルシェ, 特許画像_007
ポルシェ 新型ハイパーカー 特許画像

918は「カレラGT」の後継モデルとして2010年にコンセプトモデルとして初公開され、その後2013年に発売されたスーパーカーです。

パワートレインは3.4リットルV型8気筒エンジンをミッドシップに搭載し、最高出力506psを発揮。7速PDKと組み合わされ0-100km/h加速3.2秒、最高出力320km/hのハイパフォーマンスを発揮しました。

ポルシェ, 特許画像_004
ポルシェ 新型ハイパーカー 特許画像

この特許画像に関しての情報は一切なく、Car and Drive誌がポルシェにコンタクト取ったところ「将来のスポーツカーになる可能性はない」と語ったといい、謎を深めています。しかし、特許画像が現実に存在している以上、この言葉を100%信用していいかも疑問です。

デザインは、ポルシェ50周年を祝い2019年に初公開された「917コンセプトスタディ」をベースにしていると思われ、フロントマスクには5ポイントLEDヘッドライトを装備、バンパーのワイドエアインテークにはバー状のLEDデイタイムランニングライトが見られます。

ポルシェ, 特許画像_001
ポルシェ 新型ハイパーカー 特許画像

サイドビューでは、ドア以降が長く、ミッドシップであることは間違いないと思われます。またリアエンドからは918を彷彿させるガラスで覆われたエンジンや円形のツインエキゾーストパイプもみられ、シンプルかつレーシーなデザインとなっています。

後継モデルに関しては、順調に開発が進めば、2025年に登場が予想され、パワートレインは電動化の可能性が高いといいます。

918は、2013年にニュルブルクリンクで6分57秒の記録を叩き出していますが、後継モデルでは6分30秒を切る最速モデルと期待されています。

(APOLLO)