■ヨーロッパではファーストエディションの価格も明らかに

英国マツダによると、2020年5月19日、広島県宇品市の宇品第一工場で、マツダ初の新型EV「Mazda MX-30」の生産を開始したそうです。なお、ヨーロッパではすでに先行予約の受付が開始されています。

マツダ MX-30
ヨーロッパで先行予約を開始しているMX-30

リース契約のデミオEVをのぞき、市販モデルとしては同社初のピュアEVで、「e-SKYACTIV」による電動駆動が最大の特徴です。クロスオーバーSUVともいえる同EVには、107kW(145PS)の交流同期電動機(水冷式)と35.5kWhのリチウムイオン電池が組み合わされた前輪駆動(FF)のパワートレインが搭載され、約200km(欧州のWLTPコンバインド)の航続距離を実現。ボディサイズは、全長4395×全幅1795×全高1570mm。ホイールベースは2655mm。

マツダ MX-30
MX-30のEVプラットフォーム

実用的な航続可能距離はもちろん、マツダが重視する「ライフサイクルアセスメント」の観点からCO2排出量を最適にバランスさせたサイズとしていて、バッテリーは、DC急速充電を使えば約40分で80%まで充電可能(欧州仕様)。

マツダ MX-30
MX-30の走りのイメージ

また、マツダの次世代車両構造技術である「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」が採用されていて、EVらしくスムーズな走りが可能になるようにセッティングされています。G-ベクタリング コントロールの進化版であり、電動駆動に対応した「e-GVC Plus」も搭載されているそう。

■「鼓動デザイン」の最新形

さらに、ダイナミックな走りを引き出すスロットル(アクセル)ペダルは、リニアなパワー伝達とアクセルペダルオフ時のスムーズなエネルギー回生のシームレスな切り替えを実現し、ブレーキシステムは、エネルギー回生と油圧ブレーキの切り替えをシームレスに行うことができるとのことです。

マツダ MX-30
MX-30のフリースタイルドア

エクステリアは、「鼓動」デザインによる最新の表現により具現化されていて、一切の妥協なく仕上げられたシンプルなスタイリングは、「MX-30」の立体的な美しさを強調。さらに、センターピラーレスのフリースタイルドアやフレーム付きのグラスエリア(ガラスハウス)などにより開放感のあるキャビンが演出されています。

マツダ MX-30
Mazda MX-30のインテリア

欧州で発売される「Mazda MX-30 First Edition」のオーナーには、ウォールボックス型の家庭用充電器が無料で付くそうです。さらに、DCソケットでは、最大50kWまでの急速充電が可能。この充電モードでは、30〜40分の充電時間で最大80%のバッテリーを充電することができるそう。

マツダ MX-30
MX-30のシフトレバーとエアコンパネル

英国マツダのジェレミー・トムソン氏は、「Mazda MX-30 First Edition」について、「ファーストエディションのMX-30の予約受付を開始したことで、英国の顧客は800ポンドで予約が可能になり、2021年初頭の納車を目指しています。MX-30は、個性的なスタイリング、革新的な技術、ドライバーを重視したダイナミクス、クラスをリードするインテリアの質感など、マツダの高い評価を受けて開発されたバッテリーEVです。急速に進化するEV市場において、際立った存在となることでしょう。効率的なクルマづくりに向けたマルチソリューションの一環として、初のピュアEVを発売することは、マツダブランドにとって画期的なトピックスであり、英国のディーラーや顧客にとっても特別な出来事です」とコメントしています。

マツダ MX-30
MX-30のフロントビュー

なお、イギリスには500台限定、27,495ポンドの「Mazda MX-30 First Edition」を予約受付中で、日本円では約362万円。ドイツのホームページには、27.420ユーロと表示されていますので、日本円では約323万8000円(2020年5月21日現在)。気になる日本での発売は、一部報道では、丸本 明社長兼CEOが2020年の年頭会見において、2020年度中に発売する方針を表明したとされます。新型コロナウイルスなどの影響もあるかもしれませんが、日本での発売開始が待たれます。

(塚田勝弘)