■2L直4VTECターボエンジンを搭載し、カーボンボディを纏う?

ホンダ「S2000」が復活するとの噂がたってから3年が経過しますが、果たして本当に後継モデルは登場するのでしょうか? 後継モデルの予想CGを作成しました。

ホンダ S200新型
ホンダ S200新型 予想CG

S2000は「Sシリーズ」第4弾として、1999年から2009年まで発売されていたFRスポーツです。「F20C」では、2.0リットル直列4気筒VTECエンジンを搭載し、最高出力250psを発揮、オープンモデルながらクーペボディ以上の剛性、動力性能を持っていました。

ホンダ S200_003
ホンダ S200

後継モデルの予想CG制作に協力してくれたのは、デザイナーのRain Prisk氏。以前クリッカーではリアビューの予想CGを公開しましたが、フロントマスクは初めてです。

フロントマスクには薄くシャープなヘッドライト、押しの強いグリル、コンパクトなコーナーエアインテークを備えるほか、リップスポイラー、サイドスカートなどを装備。まさに「ベイビーNSX」と言えます。

リアエンドではエアスクープ、センター出しクワッドエキゾーストパイプ、アグレッシブなディフューザーなど、「タイプR」を彷彿させるデザインも予想されるでしょう。

駆動方式はFRが有力とされ、パワートレインは2.0リットル直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力は350ps以上を発揮。ボディにはカーボンファイバーを多用し、軽量化を図るとともに、強力なコンパクトスポーツが期待できそうです。

登場時期などの情報までは、たどり着いていませんが、登場を信じて待ちたいものです。

(APOLLO)