■ペールゴールドのエンブレム、18インチアルミホイールを用意

新生アルピーヌA110が日本で発表されてから2年近くが経ちます。2020年6月5日、30台限定車「アルピーヌ A110 リネージ GT」の受注が開始されます。

日本市場は世界の中でも3番目に販売台数が多く、アルピーヌA110のファンが多いだけに、購入のチャンスをうかがってきた方も多いでしょう。

アルピーヌ A100
30台限定車の「アルピーヌ A110 リネージGT」が登場

ベース車は車名が示すとおり「アルピーヌ A110 リネージ」で、数多くの専用装備が用意されています。

ベース車との違いは、エクステリアではペールゴールドがテーマ。ペールゴールドのALPINEエンブレム、フロントフェンダー“A”エンブレム、18インチアロイホイールを装備。さらに、リヤランプはクリアタイプになっています。

なお、購入者プレゼントとして「エクスクルーシブ ラゲッジ」としてウィークエンダー(アンバーブラウン) 1つ、トラベルキット(アンバーブラウン) 2つ用意されています。

●ブラウンインテリアに、Sabelt製スポーツシートを採用

インテリアはアンバーブラウンレザーがテーマ。Sabelt製スポーツシート、ブリリアントカーボン(銅色アウトライン入り)/レザーインテリアが用意されるほか、ブラウンステッチインテリアが採用されています。

アルピーヌ A110
「アルピーヌ A110 リネージ GT」のインテリア

さらに、イルミネーションキッキングプレート(ALPINEロゴ入り)、シリアルナンバープレート、チタンブラック内装、マイクロファイバールーフトリム、コンソールボックスを専用装備。

アルピーヌ A110
「アルピーヌ A110 リネージ GT」のセンターコンソール、ステッチ

ボディカラーは「アルジャンメルキュールメタリック」「ブルーアビスメタリック」「ノワールプロフォンメタリック」の3色が用意されています。

アルピーヌ A110
クリアタイプのテールランプを採用

「アルピーヌ A110 リネージ GT」は世界限定400台で、先述したように日本には30台が導入されます。

受注生産になるため、ボディカラーごとの台数制限はなく、受注総数が30台に達すると販売終了になるそうなので、気になる方は急いだ方がいいかもしれません。価格は889万円です。

アルピーヌ A110
購入者プレゼントも用意

気になる販売方法は、6月5日(金)11:00 からアルピーヌ・ジャポン オフィシャルウェブサイトと、アルピーヌ・ジャポン正規販売店で申込を受付。

なお、ウェブでの申込の場合、15万円のクレジット決済が必要。販売店で申込の場合も、申込金として15万円が必要になります。

(塚田勝弘)