■ウワサの新型ハリアー(2L・FF・ガソリン車/プロトタイプ)に清水和夫が速攻試乗!

●文句の付けドコロ無し!

今話題の新型ハリアーに、cliccccar特別テスター・国際モータージャーナリストの清水和夫さんが速攻試乗! その鋭いインプレッションを動画でお届けします。

清水和夫のハリアー試乗
いよいよ登場! 2L・ガソリン・FFというベースモデルに清水和夫さんが試乗!

「旧型ハリアーには記憶にないくらい乗っていないし、アヴァンギャルドな見た目で都会っぽく、走りに関して大きな期待は持っていない」という清水さん…おぉ〜厳しいお言葉!

が、新型ハリアーに乗ったとたんに、そんなチャラいイメージ(?)はガラッと変わったようです。

試乗中の清水和夫さん
話題先行? その実力を試してみましょう!

「乗った第一印象は、電動パワステが進化していて、ステアリングを切ったときにちゃんとした手ごたえがあり、キチっと操縦が出来るし安心感もあるから楽しい!」(清水)。

先に発売されたRAV4と比べがちですが、その点はどうでしょう?

「新型ハリアーは、RAV4派生車種、兄弟車のようなもの。RAV4は重いバッテリーを載せるプラグインハイブリッドもあり、そのためにボディ剛性やボディ接着製造技術、電動パワステ、またダンパーなどが見直されているんです。ハイブリッドではない、このFF・ガソリン車の新型ハリアーにも、その要素技術がしっかり入っているよね。

だから新型ハリアーは、高速120km/hくらいでハンドルを切っても(※今回の試乗会場はクローズド・サーキットコース)全然怖くない。初期のロール剛性はRAV4よりもバシッと上がっていますね。RAV4ハイブリッドの進化の過程の中でこのハリアーが出てきたので、美味しい要素技術をもらえたんでしょう」(清水)。

新型ハリアーのフロントビュー
洗練されたエレガントなスタイルです。

新型ハリアーにもハイブリッドモデルがありますが、今回試乗したのは2L・4気筒の高速燃焼ガソリン車のFF、つまり新型ハリアーの中のベースモデルです。

新型ハリアーのリヤビュー
後ろ姿もとっても洗練されています。まさに都会のSUV。

「今回乗った高速燃焼のガソリンエンジン、これがレスポンスよくドライバーの右足(アクセル)に応じて、吹けあがりもいいね」(清水)。

インテリア系はどうですか?

「コクピットから感じるインテリアもいいし、スイッチ系もシンプル。ヒューマンマシンインターフェイスも悪くない。もうさ、今の新型コロナウイルス時代を受けて無駄のない質実剛健。これ以上の機能は要らない、これ以下の機能も十分持っている。『Nothing more,Nothing less』ってよく言われるけど、まさに不要不急、余計なものがないのがいいよね」(清水)。

新型ハリアーのコクピット
コクピットも質感がありいいですね!

試乗をしないと分からない、シートの良さも清水さんは好ポイントとして挙げています。

「最近のシートは右側の腰位置(ドライバーズシート)にサイドエアバックが入っているので、ソレが左コーナーだと固いものが腰に当たるんです…ガマンどころでもあるけど。でもこのシートはその変なモノが体に当たらない上に上質な感じもあり、ホールド性もある。キチっと走れるっていうこと」(清水)。

新型ハリアーのエンジン
2L高速燃焼エンジンの吹けあがりも文句ないね。

「今、時代はハイブリッド、電動化、プラグインになっているけど、あえてこの2L・ガソリン・FFのベースラインでも、これだけしっかり走ってくれるならいいよね。次に乗る新型ハリアーのハイブリッド仕様より多分、重量的に100kgほど軽いと思うし、この2L・ガソリン・FFは入門編というよりグランドツアラー的に楽しいと思わせるクルマだね」(清水)。

テスターの清水和夫さん
いや〜先代からのイメージがガラッと変わっちゃったよ!(清水)

清水和夫さんが興奮気味に語る新型ハリアーのインプレッション、続きは動画をチェック!

そして、新型ハリアー試乗は近日公開のハイブリッドモデルに続きます!

(試乗:清水和夫/動画:StartYourEnginesX)/文:永光 やすの)