■独自のシーソーペダルが生み出す4速ミッションの走り

スーパーカブ110
シーソー式のシフトペダルは、前に踏み込めばシフトアップ、後ろがシフトダウンのリターン式。停止時にはロータリー式になるのが大きな特徴です。

スーパーカブ110のミッションは、独特のシーソー型ペダルで操作する4速リターン/ロータリー式。カブを象徴するユニークな変速システムです。

シーソーペダルを前に踏み込めば「ニュートラル→1速→2速→3速→4速」の順にシフトアップ、後ろに踏み込めばその逆にシフトダウン。そして停止中だけは4速からニュートラル、またはニュートラルから4速へと、シフトパターンがエンドレスでぐるぐる繰り返すロータリーミッションとして動作します。

スーパーカブ110
走行中は4速リターンミッションなので、スポーツバイクに慣れたライダーなら操作に違和感はありません。

以前のスーパーカブは常時ロータリーミッションだったので、トップギアで走行中にうっかりシフトペダルを前に踏み込むと、突然ローギアに入ってびっくりすることもありましたが、現行型ではもうその心配はありません。

■スーパーカブの走りの神髄はクラッチにあり

スーパーカブ110
クラッチレバーのない4速ミッション。誰でも簡単に乗れて経済的、しかもパワフルな走りが楽しめるスーパーカブ独特の方式です。

「カブはクラッチが面白い」なんていうと、「カブってノークラッチじゃないの?」という声が聞こえてきそうですよね。たしかにスーパーカブにクラッチレバーはありません。AT限定免許で乗れるオートマチック車です。

でもじつは、現在のスーパーカブは内部に2つのクラッチを備えているのです。

ひとつは多くのスクーターに採用されている自動遠心クラッチ。発進時にエンジンの回転数が上がると自動的につながります。もうひとつはスポーツバイクと同じタイプの多板クラッチで、こちらはライダーのシフト操作で変速時に働きます。

■独自のシフト&クラッチがライダーをとりこに!

スーパーカブ110
実用車なのについ遠くに出かけたくなるのも、わくわくできるミッションのおかげ?

スーパーカブのシーソー型シフトペダルは、踏み込みはじめるといったんクラッチが切れ、そのまま奥までぐっと踏み込み切ったところでギアチェンジが行われます。でもそのときはまだクラッチは切れたまま。ペダルを少し戻したときに再びクラッチがつながる仕組みです。

つまりあのシーソー型ペダルは、ただのシフトペダルではなく、足で操作する秘密のクラッチペダルを兼ねているのです。ペダルを奥までしっかり踏み込みきっている間はクラッチが切れているので、スポーツバイクのようにアクセルを使った回転合わせも可能。つまりこのクラッチをうまく使えば、スーパーカブをいっそうスポーティに走らせられるというわけですね。

スーパーカブ110
コーナーが近づいたらブレーキングとシフトダウン! クラッチ操作に熟達すれば、ショックのない滑らかな変速操作が可能です。

けっして感覚が鋭いとはいえない足先で繊細なクラッチを使いこなすには、なかなか高度なテクニックが必要。

マニュアルミッションでは、どんなマシンでもシフトアップよりシフトダウンが難しいものですが、スーパーカブでは、コントロールのしにくい、かかと側がシフトダウンを担当しているのでなおさらです。左手のクラッチレバーを自在に使いこなせるスポーツバイク上級者にとっても、スーパーカブのシフトダウンは挑戦しがいのあるワザなのです。

ほかにも、たとえばローにシフトしたあとペダルを踏んだままアクセルをあけ、ぽんとクラッチをつなぐと、フロントアップしかけるほどパワフルな発進加速を引き出すことができるなど、クラッチをうまく使いこなせば、マシンコントロールの幅をぐっと広げられるのがスーパーカブ110の大きな魅力です。

この独特のクラッチ操作の面白さが、多くのライダーをカブ・ライディングのとりこにしているといっても過言ではありません。

スーパーカブ110
シフト&クラッチ操作で走りに差がつく上りのタイトターン。ギアのセレクトとクラッチワークがぴたりと決まると気分爽快です。

スーパーカブ110は、ふつうに走るだけならクラッチ操作を意識する必要はなく、ペダルを踏み込みさえすればシフトチェンジができ、ビギナーでも簡単に乗れるバイクです。でも、ときには秘密のクラッチを積極的に使いこなし、その奥深い走りの妙味を引き出してみるのもいいかもしれませんね。

安くて丈夫で簡単便利な実用車、スーパーカブ110は、ライダーさえその気になれば、きびきび走るスポーツバイクにもなるのです。

【ホンダ スーパーカブ110主要諸元】
全長×全幅×全高:1860mm×695mm×1040mm
シート高:735mm
エンジン種類:空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量:109cc
最高出力/最大トルク:5.9kW/0.87kgm
燃料タンク容量:4.3ℓ
タイヤ(前・後):70/90-17・80/90-17
ブレーキ:機械式リーディング・トレーリング
車両価格:28万500円

(写真:高橋克也 文:村上菜つみ)