■AC SchnitzerがスープラRZのエンジン出力を60ps増強

トヨタ自動車が技術提携先の独BMWと協業で開発、姉妹車「Z4」と共にオーストリアのマグナ・シュタイア社で生産されている3代目「スープラ」。

シュニッツァー社のスープラ用パフォーマンスアップグレードキット装着車

直6/FR/2シーターに拘って開発された同車の最上級グレード「RZ」の心臓部には、BMW製の3.0L直6DOHCターボエンジン(340ps/51kgm)が搭載されています。

ドイツに拠点を置き、BMWのチューニングを手掛ける「AC Schnitzer(シュニッツァー)」が、トヨタ「スープラ」向けのパフォーマンスアップグレードキットを開発しました。

トヨタ車を手掛けるのは今回のスープラが初とのことですが、そこはBMW市販車のチューニングを得意とする同社だけに、ニュル24時間レースをはじめとする数々のレースで得た豊富な知見を活かし、サーキットのみならずデイリーユースもカバーする高品質を確保しています。

ちなみにトヨタ自動車はスープラRZの2020年発売モデルからエンジンを改良(340ps→387ps)しており、2019年発売モデル比で+14%増となる出力アップを図りましたが、シュニッツァーキットの場合、出力を400ps/61.2kgmにまで引き上げることが可能となっています。

シュニッツァー社のスープラ用パフォーマンスアップグレードキット装着車

■エンジンのパワーアップ手法は?

エンジン・チューニングの主となるのが、点火タイミング、燃料調整、ブースト圧が絡む複合的な作用によりパフォーマンスを向上するサブコンピュータで、エンジン回転数、冷却液温度、オイル温度などの管理により的確なパフォーマンスを発揮。エンジンのアップグレードには、BMW用プログラムと同様に36ヵ月の保証が付帯しています。

シュニッツァー社のスープラ用エンジンカバー

日本ではADVENTが同社のパーツ販売を担当しており、RZ用のサブコンの販売価格は45万円(税抜)と結構値が張りますが、性能面や信頼性では妥当といえるかもしれません。

シュニッツァー社のスープラ用サブコン

またチューニングキットはサブコンのほか、フロントリップスポイラーやカーボン製リヤウイングなどのエアロパーツ、鍛造20インチアロイホイール、エンジンルーム放熱用ダクト、スプリングキット、リヤマフラー、アルミペダルセットなどで構成されています。

シュニッツァー社のスープラ用フロントリップスポイラー
シュニッツァー社のスープラ用カーボン製リヤウイング

ちなみにフロントリップスポイラーは塗装を必要とせず、取り付けも簡単で、ダウンフォースを高めると共に車高を低く見せる効果を発揮。また、アルミステーを備えたカーボン製リヤウイングは高強度と耐久性が確保されており、リヤアクスル付近のダウンフォース増に大きな効果があるそうです。

シュニッツァー社のスープラ用パフォーマンスアップグレードキット装着車

BMWを知り尽くした「AC Schnitzer」社が放つトヨタ・スープラ用のチューニングキットは、もちろん個々に装着が可能で、2019年製のスープラオーナーのみならず、最新のスープラオーナーにとっても気になる存在となりそうです。

(Avanti Yasunori・画像/動画:AC Schnitzer)