■レースエンジニア・渡邊信太郎がダラーラ・ストラダーレをチェックしてみた!

●ベースの22,565,000円(税別)では屋根も無い! けど、お値段納得の技術が満載!

2020年4月14日にcliccccarで公開した『窓も屋根もなくて22,565,000円(税別)のダラーラ・ストラダーレってどんなクルマ? 街でサーキットで大井貴之が走らせてみた!』。

これは今、爆発的人気を誇る話題のYouTubeR(※「R」は大文字なのがこだわり…だそうです!)・大井貴之さんがダラーラ・ストラダーレをストリートメインで徹底チェック!という動画記事。

ダラーラ・ストラダーレ
首都高でもバエるダラーラ・ストラダーレ。乗ってみたい!

再度、ダラーラ・ストラダーレの概要を紹介すると、F1やF3、フォーミュラeなど、フォーミュラシャシーのサプライヤーとしてお馴染みのイタリア・ダラーラが市販車として開発、製作したクルマ。

2.3L 直4DOHCターボで400ps・500Nmのパワー&トルクを発揮するエンジンに、複合材とカーボンファイバーを多用したまんまスーパーカー的なレーシーなボディで乾燥総重量は855kg!

ベース車両のお値段は22,565,000円(税別)! これにキャノピーやリヤウイングをオプション装着していくと、大井さんが試乗した状態で…多分、4000万円ほどか。

ダラーラ・ストラダーレ
ダラーラ・ストラダーレを首都高で乗ってみた!

●気鋭のレースエンジニア・渡邊信太郎から見たダラーラ・ストラダーレの凄さ

大井さんのYouTubeチャンネルでは今、そのダラーラ・ストラダーレの続編ともいえる動画が6本に渡り公開されています。

見た目も値段もスゴイけど、なにがどう凄いのか? 試乗だけでは分からないその凄さを、『ヴィークル・ダイナミクス・エンジニア』元ムーンクラフト、現フリーのレースエンジニアとして活躍されている渡邊信太郎さんの知識と経験から、中から外、上から下まで舐めるように細部をチェックして見えてきた、ダラーラ・ストラダーレの真の凄さを「諸説あるけど!」(渡邊)喋くり倒しています。

【渡邊 信太郎 Profile】Shintarou WATANABE

渡邊信太郎さん
渡邊信太郎さんがチーフエンジニアを務めるS-GTマシン、Cars Tokai Dream28「シンティアム・アップル・ロータス ロータス・エヴォーラMC(マザーシャシー)」は、4500ccの水冷V8・8気筒NAエンジンを搭載。2020年はドライバーに加藤寛規/柳田真孝選手を起用です(車両は2019仕様)。

東京都出身。学生時代はタイヤサービスや富士フレッシュマンシリーズでサーキット三昧の日々を送る。1992年、ムーンクラフト(株)に入社。F3000、Gr.A、JTCCではメカニック業務をこなし、2002年以降からはスーパー耐久、JGTC、FormulaNippon、S-GTなどの各カテゴリーにおいてチーフエンジニアを経験。その後は紫電、マクラーレンGT3、LOTUS EVORAでは開発責任者を務める。

現在はフリーランスとしてS-GT LOTUS EVORA、スーパー耐久のKTM X-bow GT4のエンジニアを担当。またワンメイクレース等の技術コンサルティングも行っている。

そんなレースのプロ、渡邊さんの目には、ダラーラ・ストラダーレはどう見えたのでしょうか?

「レーシングコンストラクターのダラーラがどのような市販車を作ったのか、凝ったエアロダイナミクスを集中的に見てみたいと思います!」(渡邊信太郎)

全6本の動画ですが、なるほどね〜、へぇ〜、そこまで見るか!と、6本一気に見られてしまいますので、最後までじ〜っくりご覧ください!

渡邊信太郎さん
さぁ、ヴィークル・ダイナミクス・エンジニア・渡邊信太郎さんのダラーラ・ストラダーレ解説スタート!

【1時限目】まずは助手席から、車内から分かる作りをチェック!

大井さん&渡邊さん
さぁ、ドライブからスタート!

「はぁ〜なるほど!」「物凄い剛性体に乗っているような感じ」(渡邊)

まずは大井さんドライブの助手席から、車内や乗り心地などをチェック。ガルウイング(っていうかキャノピー)を閉めた途端の一言から、レーシングカーと市販車との違いを解説スタートです。

ダラーラ・ストラダーレのフロントガラス
凄い形状をするフロントスクリーン。でも、ゆがみは一切ありません。

びっくりな湾曲したフロントスクリーンや、エンジン搭載レイアウトのウンチクも!

【2時限目】空気は入れるのも大事だが、抜くほうも重要なのです!

フロントの足まわり
リフトアップし、奥の奥のほ〜まで徹底的に見ていきます。

さて、2時限目はガレージに移動し、リフトアップして下回りから細部を覗いてチェックです。

レーシングドライバーではなく、一般の方が公道もサーキットも走るための作りが絶妙なダラーラ・ストラダーレ。オプションによって変わるボディ形状にダウンフォースをどう対応させるのか? 空気はどう入って抜いているのか? まずはフロント回りを重点的に見ていきます。

フロントのロワアーム
ロワアームひとつだけでも、その作りの解説が凄いです。

ここでもレーシングカーと市販量産車の違い、またレーシングカーに採用するような作りをしている箇所を解説です。ロワアームひとつでここまで語れる渡邊さんもスゴイです!

【3時限目】エアロバランスを調整するための『リバースガーニー』って?

ダラーラ・ストラダーレ
分かりやすいテロップ入り。

ロワアームについて、まだまだ語る!「どういう考えで、どういう職人が、どれくらいのレベルの溶接をしたのか」…そこまで気になるレーシングカー・マニアなのも渡邊さんです(笑)。

ダラーラ・ストラダーレ
オプションによって変わる形状の違いに、どうダウンフォースを対応させているのか?

そして、2時限目で疑問にあった「オプションによって変わるボディ形状にダウンフォースをどう対応させるのか?」の答えが見つかった! そのきっかけは…塞がれた穴!

【4時限目】リヤ周りから見えてきたもの

マーキング
最適なセッティングがされているがために、封印!?されています。

ようやく(!?)リヤ周りへ移動します。アンダーパネルの取付ボルトまでもレーシングカー同様のこだわりがあり、しかもレーシングカーではレギュレーション上、使えない形状まで採用されているアンダーパネル!

アンダーパネル
外から見えるところと見えないところで、カーボンの織が変わっている、その意味とは?

さすが市販量産車、見えるところのカーボン繊維が変わっている! しかもただの板ではない、その理由とは?

【5時限目】リヤウイングはなぜ可変じゃない?

リヤウイング
ダラーラ・ストラダーレはなぜ固定式のリヤウイングなのか?

外観上で最も目を引くリヤウイング。ストリートでは走るステージによって可変調整できるものが流行りだったりしますが、ダラーラ・ストラダーレは固定式です。それはなぜなのか? 多分答えはコレ。「諸説ある!」(渡邊)。

カーボンパーツの形状
ただの板ではないカーボンパーツ。

「レーシングカーは走行中にいかに車高を下げるか」が超重要! しかし、ダラーラ・ストラダーレは市販量産車。その車高からのエアの流れはどう作られているのか?

【6時限目】ダラーラが目指した、ハイパフォーマンス・ロードゴーイングカーとしての回答

ボンネット
エアの流れを徹底的にチェック。

最後は、外観全体から見てのエアの流れを検証です。

「ノペ〜っとしてそっけないデザインだと思っていた」けど、それにはちゃんと意味があったのです。通常のドアの位置…サイドボディ?の中にも、エアの流れの秘密が!

渡邊信太郎さん
難しい内容を分かりやすく丁寧に解説してくれています。動画6本が全部「なるほど〜!」な内容です!

「一般ユーザーさんが安全に乗れるよう、キッチリした作りが見えた」(渡邊)。ヴィークル・ダイナミクス・エンジニア、渡邊信太郎さんがじっくりと見たら、ダラーラ・ストラダーは考えつくされた作りだったことが明らかになりました。

(動画:クルマで遊ぼう! 大井貴之のSports Driving Labo./文:永光 やすの)

■SPECIFICATIONS
全長×全幅×全高:4185mm×1875mm×1041mm
ホイールベース:2475mm
乾燥重量:853kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
排気量:2300cc
最高出力:400ps/6200rpm
最大トルク:500Nm/3000〜5000rpm
駆動方式:RWD(後輪駆動)
サスペンション:F&Rダブルウイッシュボーン(EPA電気システムによる調節可能な3Way)
ダウンフォース:820kg(トップスピード時)
最大横G:2G
0→100km/h加速:3.25秒
100→0km/h減速:31m
最高速:280km/h
車両価格:22,565,000円〜