■出たばかりの新型ハリアーをサーキットで乗ってきた!

6月17日に4代目として発売が開始された新型ハリアー。売れ行きも絶好調で、今注文しても年内納車が間に合うかどうか?などという噂も流れているほど。

そんな新型ハリアーを、レースクイーンの宮瀬七海さんと栃木県のつくるまサーキットで試乗してきました。

新型ハリアー
新型ハリアー

今回試乗にお付き合いいただいたのは、ピレリスーパー耐久シリーズ2020のイメージガール「D’STATION FRESH ANGELS」のメンバーで、SUPER GTやスーパーフォーミュラではMobil 1レースクイーンとして活躍する、宮瀬七海さん。

普通自動車運転免許を所持しているだけでなく、スポーツカーとドライブが大好きという彼女もハリアーには興味津々です。

新型ハリアーのエンブレム
新型ハリアーのエンブレム

宮瀬七海さんが新型ハリアーを見て真っ先に指摘したポイントがここ!「鷹のマークがトヨタになってる!」。

実は3代目ハリアーはレクサスRXシリーズとの兼ね合いにより国内と右ハンドルのアジア諸国のみで販売されていましたが、この新型ハリアーはアメリカなど左ハンドルの国で別の名前で販売されるために、クルマの名前によらないモデルのイメージを統一するということでトヨタエンブレムとなっているとのことです。

新型ハリアー サイドビュー
新型ハリアー サイドビュー

ハリアーはとにかくシャープなクーペスタイルが特徴でしたが、新型ではそのシャープさに一層磨きがかかりました。そしてこのシャープさをもたらしているのが実は技術の進歩というところも見逃せません。

新型ハリアー フロントビュー
新型ハリアー フロントビュー

フロントの印象を決める大きな要素はヘッドライトとグリル、とはよく言われますが、新型ハリアーのヘッドライトは先代に比べてもかなり細くシャープなラインを見せます。この細さでアダプティブハイビーム機能までつけているのがハリアーのすごいところ。

これはひとえにヘッドライトのLED化のおかげで、LEDにより明るさを損なうことなく超小型化したプロジェクターヘッドライトを開発したことにより実現した細さです。この細さがクーペルックなラインをよりカッコよく見せるポイントです。

新型ハリアー リアビュー
新型ハリアー リアビュー

リアのコンビネーションランプもLED化でかなり細くなりました。そしてウインカーを分離することでコンビネーションランプが赤一色の真一文字なラインとなりバンパー下部のめっきパーツと共にデザインのアクセントとなっています。

新型ハリアー リアビュー
新型ハリアー リアビュー

また、このコンビネーションランプはコンパクトカーのハイマウントストップランプと同じくらいの高さにあり、ヤリスなどに乗っていた場合は思いっきり視界に入る高さとなっています。

■ドラマチックに変わった運転席周り

外観のカッコよさから転じて室内はどうでしょう。

新型ハリアーの運転席に座る宮瀬七海さん
新型ハリアーの運転席に座る宮瀬七海さん

新型ハリアーの内装はモノトーンで統一されており、ソリッドな雰囲気にあふれています。

新型ハリアーの運転席
新型ハリアーの運転席

そのモノトーンも材質などで色調を変えており、単調なモノトーンではないところに高級感の演出を見ることが出来ます。特にZグレードの標準シートであるファブリックと合成皮革のコンビネーションシートは、部位によってトーンを変えることで複雑なグラデーションを見せています。

デジタルインナーミラー
デジタルインナーミラー

GグレードとZグレードには標準でデジタルインナーミラーが装備されます。これはバックカメラの映像を映し出すことによって積載物や乗員の有無に関係なく後方視界を確保します。

大型化されたディスプレイオーディオ
大型化されたディスプレイオーディオはスマホリンクが標準装備

現行カローラ以降のトヨタ製のクルマに全車標準装備のディスプレイオーディオは、このハリアーからバージョンアップされています。

バージョンアップの内容としては、TVキット無しでApple Car PlayやAndoroid Autoのフル機能が使えるようになったこと。カーナビユニットを装着しなくともGoogle マップのナビ機能で十分という方には朗報です。

大型化されたディスプレイオーディオ
大型化されたディスプレイオーディオ

また、ハリアーのZグレードではJBLオーディオとナビのセットを標準装備。液晶パネルが12.3インチにサイズがアップし、ディスプレイオーディオ標準の表示のほかにハイブリッドのエネルギーモニターや燃費表示等のメーターパネル内に表示されるマルチモニターの表示内容も表示でき、エアコンの温度設定なども表示できるなど、集中表示パネルの機能も集約されています。

Gグレードでは8インチのディスプレイオーディオとなり、JBLオーディオとナビのセットはメーカーオプションで税別36万9千円となります。

■リアのモーターパワー炸裂のハイブリッド4WD

いよいよ実際に新型ハリアーに乗ってみましょう。

新型ハリアーの運転席に座る宮瀬七海さん
新型ハリアーの運転席に座る宮瀬七海さん

と、その前にドライブトレインをおさらいします。

ハリアーはガソリンの2リッターエンジンとハイブリッドの2.5リッター+モーター、そしてハイブリッド4WDにはハイブリッドのドライブトレインのほかにリア用のモーターがつくという3種類の構成となっています。

新型ハリアーのエンジンルーム
新型ハリアーのエンジンルーム

ハイブリッドユニットのエンジン側につくカバー上のトヨタマークには、ハイブリッドの証である青い縁取りが無く、パッと見でハイブリッドと判断できるポイントは、インバーターまわりにあるオレンジの高圧ケーブルのみとなります。

新型ハリアーのエンジンルーム
新型ハリアーのエンジンルーム

ガソリン車とハイブリッド車の重量差はFF・4WDともに90kgで、ハイブリッドの方が重くなっています。これはエンジンサイズも大きく、ハイブリッド用のバッテリーを積んでいるからなのですが、4WDで比べれば171馬力のガソリン車に比べて51馬力多いシステム出力・222馬力のハイブリッドは、重量増を全く感じさせない動力性能といえます。

サーキット走行をする新型ハリアー
サーキット走行をする新型ハリアー

基本的なプラットフォームとドライブトレインはRAV4と共通する部分が多く、特にプラットフォームはTNGA GA-Kで共通となっています。

しかしRAV4に比べれば50kg重いハリアーの方が乗り心地の面で落ち着きがあり、舗装路面に特化したサスペンションチューニングのおかげでコーナリングもスムーズと言えます。

サーキット走行をする新型ハリアー
サーキット走行をする新型ハリアー

加速の面では、ハイブリッド4WDのリアモーターの恩恵が出てきます。前から引っ張る感じに加えて後ろから押してくる印象も強く、ぐいぐいと加速していきます。

コーナーリングや立ち上がりでも、トルク配分の変化によってこちらが通りたいラインに忠実にクルマの向きを変えてくれる印象。電気モーターのレスポンスの良さがドライブ全体にいい印象を与えてくれるイメージです。

サーキット走行をする新型ハリアー
サーキット走行をする新型ハリアー

TNGAの新プラットフォームの強さはサーキットをかなり速いペースで走ってもボディーがよじれると言った印象が皆無なところによく表れています。特にコーナーの縁石に乗り上げながらもボディーがミシリともいわないところは流石!といえるほど。

サーキット走行をする新型ハリアー
サーキット走行をする新型ハリアー

乗り心地の面でも重厚感のほかにかなりのフラットな感じを受けます。不整路面でもかなりのフラット感を保つところがスゴイ。これはサスペンションの動きだけではなく、路面の凸凹に対してトルクを制御することで上下動を抑制するという「ばね上制振制御」機能の賜物。新型ハリアーはかなりハイテクです。

■モデリスタバージョンも登場!

ノーマルでもかなりカッコいい新型ハリアーですが、早くもモデリスタバージョンが登場しています。

新型ハリアー モデリスタエアロ装着車
新型ハリアー モデリスタエアロ装着車

モデリスタエアロパーツがかなり目を引く外観。これはAVANT EMOTIONAL STYLEと言われるシリーズで、フロントのエアロリップはしっかりダウンフォースを発生させるとのこと。

新型ハリアー モデリスタエアロ装着車
新型ハリアー モデリスタエアロ装着車

サイドスカートも整流効果を生みます。そして目を引くモデリスタのオリジナルホイールはなんと20インチ。これはかなりの引き締め効果!

新型ハリアー モデリスタエアロ装着車
新型ハリアー モデリスタエアロ装着車

リアスカートとマフラーエクステンションもサイドからのつながりをもった流麗ながら力強い雰囲気を醸し出しています。

新型ハリアー
新型ハリアー

エアロパーツも含め購入してからのお楽しみも盛りだくさんの新型ハリアー。その乗り心地や加速感をぜひ試乗して確かめていただきたいと思います。乗ったら欲しくなってしまうとは思いますが。

(写真・文:松永和浩)