■GRヤリス(プロトタイプ)をグラベルとサーキットで試す

●さすがWRカーベース! モリゾーイズムを感じるゼ〜

まずは、GRヤリスの主軸ともいえるRZに、各種GRパーツを装着、ラリーやダートトライアル用にチューニングされたゴリゴリなバージョンを、グラベル=未舗装路で試乗してみましょう。まんまRCみたいな感じでしょうか。コースは富士スピードウェイ東ゲートの向かい側にある広場です。

グラベル試乗
まんまラリー仕様にチューニングされたRZでグラベル試乗!

RZにラリー用サスペンションキット、前後等速トランスファ、前後機械式LSD、強化クラッチ、各種補強バー、アンダーガード、6点ロールケージ、フルバケットシートというグラベルコースを楽しむためのオプションパーツを組み込んであります。6点ロールケージの美しい収まり方を見るだけでこのクルマの本気度合いが伝わって来ます!
タイヤもラリー競技用に開発された15インチサイズ。また、このタイヤが装着出来るようにブレーキ径が小さくなっていたりしています。

GRパーツ
GRパーツとして、デフやロールバー、タワーバーなど各種パーツも揃っています。

まだ発売されていないプロトタイプであるにも拘わらず、ここまで綺麗に仕上げられた競技仕様まで試乗させてくれるとは、流石モリゾーさん(トヨタ自動車の社長様)が車両開発のマスタードライバーを務めていることを痛感します。

最初、「誰もが安心して意のままに走れるクルマ」を目指して開発したと聞いた時には、ドライビングの難しいハイパワー4WDでその目標は無謀だ! と思いましたが、乗ってビックリ! 行きたい方向にステアリングを切ってやれば素直に向きを変えてくれる操りやすさ! ワタクシ大井貴之、グラベルは専門外ではありますが、もしかして才能ある?と、幸せな勘違いをさせてくれるコントロール性の良さを見せてくれました。

大井さん試乗中
さすが各種パーツで固められているためにグラベル全開も楽しいです!

このGRヤリス、WRCに勝つためのモデルとして生まれてきたクルマですが、そんなことは関係無しに楽しめる魅力的なスポーツハッチでした。どのくらい操りやすかったのか、どのくらいカッコ良く走るクルマなのかは是非、映像をご覧くださいね。

RCのコクピット
RCグレードは競技車ベースのため、ディスプレイオーディオなどは装着されません。

●FSWショートコースでもGR-FOURを試してみた

サーキット試乗のコースは、富士スピードウェイのショートコース。ピットロードに用意されていた車両は、前後に強化タイプのトルセンLSDを装着した最もスポーティなトップグレードのRZ High performance。と、そのベースとなるRZ。

サーキット試乗
RZ High-performanceはタイヤの食いつきといい、スゴイ!

まずはRZ High performanceから試乗。エンジンを始動するとほんの少し、否、かなり軽自動車っぽい音(Bセグだけどね)がしてちょっと拍子抜け。

RZエンジン
1.6Lの直列3気筒インタークーラーターボを搭載するRZとRZ High-performanceとRC。世界でもトップクラスの3気筒エンジンです。

しかしこのエンジン、世界の3気筒エンジンの中でもトップクラスなまでにコンパクトで高出力なスペシャルエンジン。走り出すと軽自動車っぽい(Bセグなんですが)どころか、コレってV6ターボ?って思うくらい ターボラグを感じることもなくグイグイ加速! しかも軽量エンジンだから回頭性抜群! 誰でも自由自在に操れそうな楽しさ!

RZ High-performanceのタイヤ
赤いブレーキキャリパーが目印、RZ High-performanceにはミシュランタイヤが装着されます。RZはダンロップ。

調子に乗ってコーナー攻め過ぎるとアンダーステアが顔を出しますが、ドライバーに怖さを感じさせないところがエライ! このクルマのオーナーになるならヒール&トーは是非マスターして欲しいところですが、iMTをONにしておけば、シフトダウンでアクセルを煽らなくてもコンピューターが勝手にエンジン回転を同調させてくれます。イコール、ステアリングワークやスピードコントロールに集中出来るワケです。

RZのサーキット試乗
タイヤやLSDの差もありRZとRZ High-performanceではその差も感じるけど、これはこれでイイですよ!

2番目に試乗したRZは、前後にLSDが無いモデル。タイヤのグリップもワンランクダウンされていますが、コレがまた楽しめる仕様。RZ  High performanceに較べれば限界は低いのですが、下りストレートからアプローチする中速コーナーではいい感じにドリフト姿勢に持ち込むことが出来ちゃったりします。

前後駆動力配分30:70となるSPORTモードで加速しながら曲がっていく感覚はRZ High performanceより明確な動き。気持ちいいです。

試乗中の大井さん
楽しいぞ〜ウェ〜イ!!
GRパーツ装着車
GRパーツ全部載せでは、さらに迫力が増します。

というこのクルマの実際の走りは、短い試乗時間でいろいろ試しているため『演出抜きのほぼLIVE』な映像を観ていただくのが一番だと思うので、是非楽しんでください。

(文:大井 貴之/画像:前田 惠介/動画:クルマで遊ぼう! 大井貴之のSports Driving Labo./アシスト:永光 やすの)

【SPECIFICATIONS】
GRヤリス 1st Edition(RZ/RZ High-performance/RC/RS)
全長/全福/全高(mm):3995/1805/1455
ホイールベース(mm):2560
トレッド 前/後(mm):1535/1565 (RZ/RZ High-performance)/1540/1570(RC)/1525/1555(RS)
車両重量(kg):1280(RZ/RZ High-performance)/1250(RC)/1130(RS)
乗車定員(人):4
エンジン:G16E-GTS 直列3気筒インタークーラーターボ(RZ/RZ High-performance/RC)/M15A-FKS 直列3気筒NA(RS)
排気量(cc):1618 (RZ/RZ High-performance/RC)/1490(RS)
最高出力 kw(ps):200(272) (RZ/RZ High-performance/RC)/88(120)(RS)
最大トルクNm(kgm):370(37.7) (RZ/RZ High-performance/RC)/145(14.8)(RS)
トランスミッション形式:6速マニュアルミッション(iMT)(RZ/RZ High-performance/RC)/Direct Shift-CVT(10速シーケンシャルシフトマチック付)
駆動方式:4WD(RZ/RZ High-performance/RC)/FF(RS)
差動装置:スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”電子制御多板クラッチ/4WDモードダイヤルスイッチ(NORMAL/SPORT/TRACK) (RZ/RZ High-performance/RC)
サスペンション(前/後):ストラット式/ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(前/後とも): 225/40ZR18(RZ High-performance)/225/40R18(RZ)/205/45R17(RC)/225/40R18(RS)
参考予定価格:4,560,000円(RZ High-performance)/3,960,000円(RZ)