●値上がり車続出のミドルサイズSUVの中でモデル末期のエクストレイルだけが値落ち!

新型車が続々と登場し、販売競争が熾烈になっている国産コンパクトSUV市場。対してミドルクラスSUVはすでに安定した人気を確立しています。国産ミドルサイズSUVの中で屈指の人気モデルであるトヨタハリアーがフルモデルチェンジを行いましたが、中古車相場にその影響が出ているのかどうか調べてみました。

まずは、世代交代に当たるフルモデルチェンジを行い、新車が絶好調のハリアーから。旧型となったばかりのハリアーは2013年に登場しました。従来のレクサスRXの日本市場向けモデルというポジションから日本専用モデルへと変わったのが旧型ハリアーです。

国産ミドルサイズSUV01
旧型ハリアーのフロントスタイル

現在、旧型ハリアーの中古車は約2360台流通しています。3カ月前の時点では約2600台もあり、一時は約2000台付近前減少しましたが、再び盛り返しています。

国産ミドルサイズSUV02
旧型ハリアーのインテリア

中古車の平均走行距離は3カ月前の約3.1万kmから約3.2万kmとわずかに延びていますが、平均価格は約258万円から約265万円と値上がりしています。フルモデルチェンジしてモデルが古くなってもハリアー人気は健在です。

国産ミドルサイズSUV03
RAV4のフロントスタイル

2019年4月より販売開始されたトヨタRAV4。3種類の4WDシステムを採用するなど走行性能にこだわっています。発売から1年が経過し、中古車も約330台流通しています。

国産ミドルサイズSUV04
RAV4のインテリア

平均価格は3カ月前の約315万から現在は約333万円と中古車の平均走行距離が延びているにも関わらず値上がり傾向が続いています。

続いてはトヨタのプレミアムブランドですレクサスのミドルサイズSUVのNXです。

国産ミドルサイズSUV05
レクサスNXのフロントスタイル

2014年にレクサスNXは登場し約6年が経過し、中古車流通台数は600台ブランドの中でもトップクラスに多くなっています。流通台数は3カ月前が約730台だったので、わずか3カ月の間に約100台の中古車が市場から姿を消したことになります。

国産ミドルサイズSUV06
レクサスNXのインテリア

中古車の平均走行距離は約3.5万kmと横這いで推移していますが、平均価格は約344万円から約353万円へとわずかに値上がり傾向となっています。トヨタそしてレクサスのミドルサイズSUVの中古車価格はいずれも値上がりとなっています。

日産のミドルサイズSUVといえば、エクストレイルです。3代目となる現行モデルは2013年登場のロングセラーモデルとなっています。

国産ミドルサイズSUV07
エクストレイルのフロントスタイル

3列シート車も設定する現行型エクストレイルの中古車の流通台数は3カ月前の約3000台から、現在は2350台と減少しています。

国産ミドルサイズSUV08
エクストレイルのインテリア

一方で、中古車の平均走行距離は約3.2万kmから約3.6万kmまで延びていることにリンクして、平均価格は約189万円から約182万へと値落ちしています。走行距離が少ない高額な中古車が市場から姿を消したということでしょう。

2018年に登場し約2年が経過したのが、ホンダCR-Vです。ガソリン車とハイブリッド車を用意し、ガソリン車には3列シート車も設定されています。

国産ミドルサイズSUV09
CR-Vのフロントスタイル

CR-Vの中古車の流通台数は減少傾向の中約120台とかなり少なめです。流通している中古車の平均走行距離は約8000km付近を横這いで推移しています。

国産ミドルサイズSUV10
CR-Vのインテリア

その一方で、平均価格は3カ月前の約303万円がずっと続いていましたが、8月には入ると値上がり基調となり、現在は約314万円まで値上がりしています。

新世代マツダの象徴であり、コアモデルがCX-5です。現行モデルは2016年に登場しました。

国産ミドルサイズSUV11
CX-5のフロントスタイル

現行型CX-5の中古車の流通台数は約1470台。3カ月前の約1800台から減少傾向となっています。中古車の平均走行距離はこの3カ月の間約2.2万kmをキープしていますが、平均価格は約250万円から約253万円へとわずかに値上がりしています。

国産ミドルサイズSUV12
CX-5のインテリア

ターボ車に変わってe-BOXERと呼ばれるマイルドハイブリッドシステムを搭載した現行型スバルフォレスターは2018年に登場しました。

国産ミドルサイズSUV13
フォレスターのフロントスタイル

販売開始から2年が経過し、中古車の流通台数は約135台。3カ月前には約200台流通していたので、減少が顕著です。中古車の平均走行距離は約2000kmから4000kmと延びているにも関わらず、平均価格は3カ月前の約295万円から現在は約302万円へと値上がりしています。

国産ミドルサイズSUV14
フォレスターのインテリア

そして国産ミドルサイズSUVとして最後に紹介するのが2012年に登場したロングセラーモデルの三菱アウトランダー/アウトランダーPHEVです。

国産ミドルサイズSUV15
アウトランダーPHEVのフロントスタイル

まずは7人乗りのガソリン車であるアウトランダーから。現行型アウトランダーの中古車の流通台数は3カ月前が約160台で現在が約100台と減少傾向。約8年販売されているモデルとしてはかなり中古車の流通台数は少なめです。中古車の平均走行距離は約3.6万km付近を小幅な動きに留まっているにも関わらず、平均価格は約187万円から約196万円へと値上がり傾向となっています。

国産ミドルサイズSUV16
アウトランダーPHEVのインテリア

一方のアウトランダーPHEVの中古車の流通台数は約530台と圧倒的に多く、アウトランダーはPHEVがコアモデルであることは明白です。中古車の平均走行距離は3カ月前の約2.7万kmから約2.3万kmへと短くなっていますが、平均走行距離は約280万円で横這いとなっています。

人気のSUVの中でも各社主力モデルが集うミドルサイズクラス。人気車種の多いトヨタ。レクサスを中心に横這いから値上がり傾向を示す車種が多数を占める中、エクストレイルだけが大きく値落ち。フルモデルチェンジが近いことが影響しているのは明らかです。その一方で、アウトランダーPHEVの健闘が光ります。

(文/写真:萩原文博)