■クーペクロスオーバーSUVのボディ、2モーターにより最高出力300kW

アウディ eトロン スポーツバック
Audi e-tron Sportbackのエクステリア

プジョー e-208、SUV e-2008が日本で発表され、ボルボも2021年内に「XC40 Recharge」を日本に導入するとアナウンス済みです。そんな中、アウディは、日本にもEVであり、クーペクロスオーバーSUVともいえる「Audi e-tron Sportback」を2020年9月17日に発売しました。

「ピュア・アウディ」、「電気自動車を再定義する」などのキーワードが飛び出したオンライン発表会。アウディの日本市場における電動化攻勢の幕開けと位置づけています。

アウディ eトロン スポーツバック
前後重量配分50:50を実現するという「Audi e-tron Sportback」

「Audi e-tron Sportback」のパワートレインは、フロント、リヤをそれぞれ駆動する計2つモーターを搭載。システム最大出力は300kWに達し、0-100km/h加速は5.7秒でクリアするそう(Sモードのブースト時。Dレンジでは6.6秒)。95kWhのエネルギー容量を持つ駆動用バッテリーにより、一充電あたりの航続可能距離は最大405km(WLTCモード)としています。

駆動方式は、2つのモーターによって実現するquattro(クワトロ)、電動4WDになります。奇しくも今年は初代quattroから40周年を迎えていますが、新時代のクワトロが搭載されます。

アウディ eトロン スポーツバック
「Audi e-tron Sportback」のリヤビュー

通常は主にリヤモーターを使うことで走行抵抗を低減し、エネルギー消費を抑制。滑りやすい路面や急加速やコーナリング時など、4WD走行がベストとシステムが検知すると、フロントモーターも駆動。モーターのトルクが立ち上がるまでに要する時間は、わずか0.03秒だそう。これは、従来のどのquattroよりも短い反応時間だそう。これによって瞬時に余すところなくモーターのパワーを路面に伝えることができます。

[nextpage title=”52店舗からスタート”]

アウディ eトロン スポーツバック
「Audi e-tron Sportback」のインテリア

ボディには、スチールに加えてアウディが得意とするアルミを適材適所に配置することで軽量、高剛性を実現する複合ボディとなっています。駆動用バッテリーは、ボディ下部のホイールベース間に敷き詰められていて、低重心化を実現しているそう。

サスペンションは、前後ともアウディお馴染みの5リンク式を採用。さらに、アダプティブエアサスペンションを標準装備し、快適な乗り心地とダイナミックな走行性能を高いレベルで両立したとしています。

アウディ eトロン スポーツバック
ステアリングを握った柴咲コウさんも驚いたという「バーチャルエクステリアミラー」

先進技術を積極的に採用するアウディらしく、同ブランド初の装備として「バーチャルエクステリアミラー」が設定されます。こちらは、標準のドアミラーに代わって、小型カメラにより車両側方の視界を確保するもの。カメラ映像は、ダッシュパネルとドアとの間に設置されたOLEDディスプレイに表示され、明るさや最適な視角へと調整が可能だそう。標準のドアミラーに比べてミラーハウジングがスリム化することで空気抵抗を低減し、Cd値は0.25。高速走行時の風切り音も低減したとしています。

エクステリアでは、Audi Q ファミリーをイメージさせる8角形のシングルフレームグリルが目を惹きます。「プラチナグレー」のフレームや下部に配された「e-tron」のロゴによって他のQファミリーとの差別化が図られています。サイドビューは低く弧を描くルーフラインにより、SUVクーペのスタイリッシュさが演出されています。また、前後のブリスターフェンダーがquattroの力強い走行性能を視覚的にアピール。

アウディ eトロン スポーツバック
満を持して日本に登場した「Audi e-tron Sportback」

インテリアは、水平基調のダッシュボードの中央に、2つのMMIタッチレスポンスのディスプレイが上下に配置されています。アウディバーチャルコックピットをはじめとするデジタルオペレーション機能が、アウディの先進性を象徴しています。ディスプレイをオフにすると、上部ディスプレイは周囲のブラックパネルに溶け込んでほとんど見えなくなります。また、高電圧をイメージさせるオレンジカラーをインテリアにも採用することで、e-tronの個性を際立たせています。

ローンチ記念モデルである「Audi e-tron Sportback 1st edition」は、サイレンスパッケージ(アコースティックサイドガラス、プライバシーガラス、Bang & Olufsen 3Dサウンドシステム、パワークロージングドア)をはじめ、5Vスポークスターデザインの21インチアルミホイール、カラードブレーキキャリパーオレンジが特別装備された、Audi e-tron日本導入記念限定モデルになります。また、これにバーチャルエクステリアミラーを追加したモデルも設定。

日本仕様の「Audi e-tron Sportback」の充電には、標準装備される家庭用の普通AC(交流200V標準3kW、オプションで8kW対応)充電器、主として公共の急速DC(直流)充電器にも対応します。公共の充電設備は、全国に7,800ヵ所に設置されているCHAdeMO規格の急速充電器(出力50kWまで)を利用できます。95kWh(正味容量86.5kWh)のバッテリーを0から80%まで充電するための時間は、50kWの出力で1時間半です。

アウディ eトロン スポーツバック
「Audi e-tron Sportback」の充電イメージ

また、アウディ ジャパンではe-tronの導入にあわせて、「e-tron Charging Service」が提供され(1年目のみ月会費の5,000円と1分15円の従量料金が無料)、同サービスで提供される充電カードは全国約7,800ヵ所の急速充電器のうち約86%をカバーする日本充電サービス(NCS)加入の充電器で利用可能。普通充電を含めると、21,700ヵ所(2020年4月現在)の充電ステーションを利用できます。

「Audi e-tron Sportback」の購入に際しては、約40万円の減税メリットが受けられ、これに加えてCEV補助金(40万円)を受け取ることもできます。またアウディ ジャパンでは、家庭での普通充電器の設置費用をサポートするほか、自然電力との提携により、購入者には自然エネルギー実質100%による電力を提供するプランが用意されています(1年間、月額1,000円の割引を提供)。

なお、アウディ ジャパン初の100%電気自動車の導入にあたり、Audi e-tron専用のLINEアカウントによるオーナーサポートが、9月17日(木)14時からスタートしています。オーナーからの質問に対してAudi Communication Centerのオペレーターが回答し、場合によっては通話に切り替えての対応もされるそうです。

柴咲コウ
オンライン発表会に登場した、Audi e-tron サポーターの柴咲コウさん

オンライン発表会にも登場した柴咲コウさんがAudi e-tron サポーターに任命されました。近年の柴咲さんは、アーティストとしての活動にとどまらず、地球環境と生態系を考えたファッションブランドの立ち上げや、環境省の環境広報特別大使として国立公園の自然を紹介するなど、持続可能なライフスタイルの実現に向けて積極的な活動を重ねているそうで、まさにAudi e-tron Sportbackにぴったりのブランドサポーターとして今回の起用が決定したとのこと。

さて、アウディ初のピュアEVである「Audi e-tron Sportback」の価格は、「Audi e-tron Sportback 1st edition」が1,327万円。「Audi e-tron Sportback 1st edition バーチャルエクステリアミラー仕様」が1,346万円となっています。取扱店は導入地点で52店舗となっています。なお、2020年内の販売台数の目標は、200台としています。

(塚田 勝弘)