■「公道のレーシングカー」の異名を誇る、4L水平対向6気筒エンジンのアップグレードバージョン搭載

ポルシェは現在、992世代となる「911 GT3」および「911 GT3 ツーリング」を開発していますが、その頂点に君臨する「911 GT3 RS」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ポルシェ 911 GT3 RS_002
ポルシェ 911 GT3 RS 市販型プロトタイプ

911 GT3ファミリーは、911ラインアップの中でも圧倒的パフォーマンスを誇り、「公道のレーシングカー」とも呼ばれるエキサイティングなモデルとして名を馳せています。

 

ポルシェ 911 GT3 RS_007
ポルシェ 911 GT3 RS 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、純正とは思えない巨大な固定デュアル・リアウィングを装着、フロントフードやフェンダーにはエアインテークやエアアウトレット、イエローのブレーキキャリパー、フロントバンパーにはスプリッターを装備するなど、ほぼレーシングカー仕様のエクステリアが見てとれます。

奇妙なのは往来の燃料キャップの下にタイカンを思わせる充電ポートらしきものが取り付けられている点ですが、電化される可能性は低いと思われます。

ポルシェ 911 GT3 RS_005
ポルシェ 911 GT3 RS 市販型プロトタイプ

パワートレインは、4.0リットル水平対向6気筒エンジンのアップグレードバージョンが搭載され、最高出力は現行型の520psを大きく上回る550ps以上あるいは580psとも噂されています。

トランスミッションは、現行モデルと同様にPDKデュアルクラッチとなると予想されます。

911 GT3 RSのワールドプレミアは、2021年後半が有力です。

(APOLLO)