■2021年初めにドイツのジンデルフィンゲンで生産が開始

ダイムラーは、EV生産ネットワークが既存の工場を利用して、世界中でメルセデス・ベンツEQモデルの製造を開始する準備ができていると発表、2022年には8台のフルエレクトリックモデルが登場するといいます。

メルセデス・ベンツ EQS_006
メルセデス・ベンツ EQS プロトタイプ

今回公式リークされたのは、フラッグシップEVセダン「EQS」で、2021年初めにドイツのジンデルフィンゲンで生産が開始、メルセデス・ベンツではドイツ、ポーランド、中国、米国で独自のバッテリーシステムを構築しています。

メルセデス・ベンツ EQS_001
メルセデス・ベンツ EQS プロトタイプ

これらのフルエレクトリックモデルは、電動、ガソリン、ディーゼルモデルと同じ工場で製造され、2030年までに売上高の半分以上はプラグインハイブリッドとバッテリー式電気自動車で占めることを計画しています。

前途のようにEQSがドイツで組み立てられるほか、2022年にはミッドサイズセダン「EQE」がブレーメンと北京、米国アラバマ州・バンス市内でも生産されます。一方、「EQC」はドイツ・ブレーメンと中国・北京で組み立てられます。

またコンパクトクロスオーバー「EQB」は、2021年にハンガリーのケチケメートと北京で生産が開始、EQAはドイツのラスタットですでに生産が開始されています。

同社では、「エレクトリック・ファースト」戦略により、一貫してCO2削減への道を進み、その変革に多額の投資を行っています。ダイムラーCEOマーカス・シェーファー氏は、「我々は、e-モビリティ分野をリードし、特にバッテリー技術に焦点を当てて行きます。研究開発から生産に至るまで、また戦略的協力も含め包括的なアプローチを取っています」と述べています。

電動化の加速は必然的でありますが、走りに焦点を当てたAMG高性能EVバージョンにも期待していきたいところです。

(APOLLO)