■新型ノートe-POWER 4WDをベースとした「助手席回転シート」も登場

2020年12月23日、2WDモデルに続き、4WDモデルが発表された新型ノート e-POWER。オーテックジャパンは、同日、新型ノートのカスタムカーである「AUTECH」と、新型ノート e-POWER 4WDをベースとした「助手席回転シート」を設定し、2020年度内に発売する予定と発表しました。なお、11月24日に発表された新型ノート e-POWER 2WDベースの「助手席回転シート」は12月23日から発売されています。

日産 ノート e-POWER AUTECH
新型ノート e-POWERにも「AUTECH」が設定される

カスタムカーの「AUTECH」は、オーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しながら、スポーティかつ高級感あるスタイリングが魅力で、大人のカスタマイズモデルといえるブランドです。

日産 ノート e-POWER
日産ノートe-POWER「AUTECH」

素材などの細部にまでこだわりを持つユーザーをターゲットに据え、プレミアムスポーティをコンセプトとして掲げています。また、目を惹くのが専用のボディカラー。こちらは、オーテックジャパン創業の地である湘南、茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したというブルーで、イメージカラーとして設定されています。

2代目の新型ノート「AUTECH」は、新型ノートをベースに、上質感や特別感をより高めたモデル。エクステリアには、どの角度から見ても美しく輝くようにデザインしたという、ドットパターンのフロントグリルをはじめ、専用デザインのアルミホイールが用意されています。

また、低重心とワイドスタンスを強調し、スポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツがボディロア部に装着されています。さらに、フロントバンパーには「AUTECH」専用のブルーに輝くシグネチャーLEDが配されていて、昼夜を問わずすぐに「AUTECH」と識別できる個性ある仕立てになっています。一方のインテリアは、シート地に柔らかな手触りで体に馴染むレザレットが用意され、海面の波の動きをモチーフにしたという模様が施されています。

日産 ノート e-POWER
「AUTECH」のインパネ

インパネには、鮮やかな木目が印象的な高級材である紫檀(シタン)の柄にダークグレー色を加味し、さりげなくブルーに光るパールも配されています。また、ハンドルやシートなどにもブルーが配置されていて、インテリア全体がブルーとブラックで上質にまとめられています。ほかにも、後席中央にアームレストを装備するなど、1クラス上の上質感、高級感が追求されています。用意されるボディカラーは、「オーロラフレアブルーパール」、「ピュアホワイトパール」のそれぞれに、「スーパーブラック」のルーフがコーディネイトされた2トーンカラーをはじめ、「ミッドナイトブラック」が「AUTECH」専用カラーとして設定されるなど、全8色展開となっています。
新型ノート e-POWER「AUTECH」の価格は2WDが250万4700円、4WDが276万3200円です。

日産 ノート e-POWER
「助手席回転シート」の助手席回転時

また、新型ノートの「助手席回転シート」は、簡単な手動操作により助手席を車外に向けて回転できるモデル。スカートや和服を着ていても足を揃えてスマートに乗り降りすることができます。今回、「助手席回転シート」もベース車と同様に、本格電動の4輪駆動システムを搭載するモデルが設定され、雪国などのニーズに応えています。
助手席回転シート(4WD)の価格は、254万4300円になっています。

(塚田勝弘)