■VWグループの「MQB」プラットフォームを採用、フロントマスク刷新

VW傘下のシュコダが販売するコンパクト・クロスオーバー・SUV「カロック」初となる改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

シュコダ カロック_001
シュコダ カロック 改良型プロトタイプ

カロックは「イエティ」の後継モデルとして、2017年にデビュー。「コディアック」と同様にVWグループの「MQB」プラットフォームを採用、「ティグアン」と兄弟モデルになります。

シュコダ カロック_007
シュコダ カロック 改良型プロトタイプ

軽めのカモフラージュがほどこされたプロトタイプは、修正され垂直スラットを備えたグリルを装着。グラフィックがリフレッシュされるヘッドライトには、LEDマトリクスライトがオプション設定される予定です。

テールライトの見えている部分は現行モデルと同じですが偽装されており、今後再設計される可能性が高いです。ただし、全幅の伸びるLEDストリップは、採用されないと思われます。

室内では、高度なデジタルインストルメント・クラスタ、VWグループの「MIB 3インフォテイメントシステムの搭載が期待できそうです。

パワートレインは、1.0リットル直列3気筒TSIガソリンエンジン、1.5リットル直列4気筒TSIガソリンエンジンがキャリーオーバーされます。またVWでは、「T-ROC」にプラグインハイブリッドを検討していることからも、カロックPHEVに期待がかかります。

カロック改良型のワールドプレミアは、2021年以降と予想されています。

(APOLLO)