■航続距離431km、484kmの2つのバッテリー容量を設定

2021年1月28日、ポルシェはバッテリーEVの後輪駆動モデル「タイカン」の予約受注を開始しました。タイカンターボS、タイカンターボ、タイカン4Sに続く第4のモデルで、後輪駆動システムを備えたタイカンには、2つのサイズのバッテリーが用意されています。

ポルシェ タイカン
エントリーモデルながら高性能を誇るポルシェ・タイカン
ポルシェ タイカンのリヤビュー
ポルシェ タイカンのリヤビュー

標準装備の「パフォーマンスバッテリー」は、ローンチコントロールとオーバーブーストモード使用時に最高出力300kW(408PS)を発生し、オプションの「パフォーマンスバッテリー プラス」を選択すると、最高出力は350kW(476PS)にまで引き上げられます。

標準装備になる総容量79.2kWhの「パフォーマンスバッテリー(シングルデッキ)」に加えて、総容量93.4kWhの「パフォーマンスバッテリー プラス(2デッキ)」もオプションで選択することができます。

航続距離(WLTP)は、前者は431km、後者が484kmです。どちらのバッテリーも、タイカンは5.4秒で静止状態から100km/hまで加速し、最高速度は230km/hに達します。最大充電容量は、225kW(パフォーマンスバッテリー)、270kW(パフォーマンスバッテリー プラス)。

ポルシェ タイカン
ポルシェ・タイカンのリヤビュー

もちろん、エントリーモデルである新型タイカンも、スポーツカーのような走りを享受できます。リヤアクスルの永久励磁シンクロナスモーターの有効長は、タイカン4Sと同じ130mmで、パルス制御インバーターが最大600Aで作動。

ドライブアーキテクチャーには、リヤアクスルの永久励磁シンクロナスモーターに加えて、2速トランスミッションも用意されています。さらに、ほかのバージョンと同じインテリジェントな充電マネジメント、優れたエアロダイナミクスを備えています。

Cd値は0.22で、エアロダイナミクスは、高効率化と航続距離の長さに大きく貢献。また、ブレーキによる最高回生出力は、265kWとなっています。タイカンのシャーシには、中央ネットワーク制御システムが採用されていて、統合された「ポルシェ4Dシャーシコントロール」が、すべてのシャーシシステムをリアルタイムで分析され、同期されます。

ポルシェ タイカン
ポルシェ・タイカンのインパネ

「PASM(ポルシェ アクティブサスペンションマネジメント」電子制御ダンパーシステムは、タイカンに標準装備されたスチールスプリングサスペンション、またはオプションの「3チャンバーテクノロジー アダプティブエアサスペンション」を設定。 アダプティブエアサスペンションには、スマートリフト機能も装備されています。スマートリフト機能とは、道路や駐車場などの段差など、いつも通る特定の場所で車高を自動的に持ち上げるようにプログラムされる機能。高速道路でもアクティブに車高に介入し、効率と快適な走りを最大限にバランスさせるように車高を調整するそうです。

タイカンのブレーキは、フロントに対向6ピストン式アルミニウム製モノブロックキャリパー、リヤに対向4ピストン式ユニットが標準装備されます。ベンチレーテッドブレーキディスクの外径は、フロントが360mm、リヤが358mm。ブレーキキャリパーはブラックアルマイト仕上げになります。加えて、高性能の「ポルシェ サーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)」がオプション設定され、ディスクの外径はフロントが410mm、リヤが365mmとなっています。

ポルシェ タイカン
ポルシェ・タイカンの充電口

エクステリアには、空力的に最適化された19インチ・タイカン・エアロホイール、「ブラックアルマイト」仕上げのブレーキキャリパーが備わります。ブラックのフロントエプロン、サイドシル、リヤディフューザーはタイカン4Sと同じ。また、LEDヘッドライトが標準装備されます。

インテリアで特徴的なのは、ダッシュボードの最高点を形成する曲面のフリースタンディングメーターパネルで、コクピット風の仕立てになっています。中央の10.9インチインフォテインメントディスプレイやオプションの助手席用ディスプレイなどを用意されています。また、ほかのタイカンモデルレンジと同様に、カラーヘッドアップディスプレイと、最大22kWの充電容量を備えたオンボードチャージャーがオプション装備されます。

ポルシェ タイカン
タイカンターボS、タイカンターボ、タイカン4Sに続いてタイカンの予約受注を開始

シートでは、「パーシャルレザー インテリア」と8ウェイ電動調節機能付フロントコンフォートシートが標準装備されます。ラゲッジスペースは、フロントに84L、リヤに最大407Lという実用的な容量が確保されています。

タイカン(右ハンドル)の価格は、1171万円です。

(塚田 勝弘)