■A8がベース、「フライングスパー」から流用される4.0リットルW型12気筒ツインターボを搭載

数年前から噂されていたアウディの超豪華セダン・「A8ホルヒ」市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

アウディ ホルヒ_009
アウディ A8ホルヒ 市販型プロトタイプ

ホルヒは、アウグスト・ホルヒ氏により1899年に設立、1904年に最終的所在地のツヴィッカウに移転した戦前の超高級ブランドで、アウディの起源ともされています。最後にこの車名が使用されたのは1932年で、復活すれば90年ぶりとなります。

アウディ ホルヒ_013
アウディ A8ホルヒ 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプはホイールベースが長く、A8のロングホイールベースバージョンであることがわかります。Cピラーの基部にある小さなカモフラージュは「ホルヒ」の正体を示す「H」バッジが隠されている可能性がありそうです。

キャビン内では、プレミアムレザー、ウッドトリムを追加、フルレングスのセンターコンソール、ヒーター、換気、フットレスト、マッサージ機能を備えた2つの個別のリアシートなど、A8以上の豪華装備も期待できるといいます。

パワートレインはベントレー「フライングスパー」から流用される4.0リットルW型12気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は635ps、最大トルク900Nmを発揮すると予想されます。

また4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力459ps、最大トルク600Nmを発揮する廉価バージョンも用意される可能性があるようです。

A8ホルヒのデビューは、A8およびS8改良型と同時期の2021年後半と予想されており、市場ではメルセデスの最高峰「マイバッハ」と対峙していくことになります。

(APOLLO)