■じつはとても大切な普通の性能が非常に高い「エフィシェントグリップRVF02」

2021年3月に発売が予定されているグッドイヤーの新作タイヤ「エフィシェントグリップRVF02」は、多くの人が求める普通の性能がグッとアップした魅力あふれるタイヤでした。

RVF02 装着状態
見た目も穏やかなエフィシェントグリップRVF02
RVF02パターン
4本のストレートグルーブをメインに比較的小さなブロックを数多く配置するパターンを採用

いいタイヤ…と聞いてどんなタイヤを思い浮かべるでしょうか。

クルマ好きの人にとっては、加速時のパワーを逃がさず路面に伝え、コーナリングで高いグリップ力を発生し、強いブレーキングを実現するようなハイパフォーマンスタイヤがいいタイヤと思いがちです。

しかし、ミニバンなどに乗るファミリー層にとっては、もっと別の性能が高いほうがいいタイヤとなります。

RVF02 ショルダー
ショルダー部分の断面を円弧としてマイルドな乗り心地を実現
RVF02コンパウンド
コンパウンド(トレッドゴム)は、シリカを微細化することで燃費を向上している。この手法は最近の低燃費タイヤのトレンド

ミニバンやハイト系のユーザーが求める性能は、静粛性、乗り心地、ライフ、低燃費…などとなっています。ハイパフォーマンスタイヤのような高いグリップ性能はミニバンの場合はかえって不快感を与えることもあります。

いわゆる普通のタイヤの普通の性能は、グリップを上げすぎればクルマの動きが急激に変化しやすくなります。しかし、急ブレーキ時の制動力はきちんと確保しなければなりません。そうしたうえで、ミニバン系ユーザーが求める静粛性、乗り心地、ライフ、低燃費などを両立していかなくてはならないのですから、その開発は容易ではありません。

RVF02ドライ走行
静粛性は高く、回り込んだコーナーでのライン修正も正確に行える
RV-F_RVF02比較
従来型のRV-F(左)とニューモデルのRVF02(右)を比べると接地面積が増え、面圧が平均化されているのがわかる

グッドイヤー「エフィシェントグリップRVF02」は、そうした総合性能が高い、よくできた普通のタイヤでした。

こう書くと何ていうことはないようですが、この性能を確保できたのはなかなかすごいことです。

今回の試乗は一般公道ではなく、富士スピードウエイ内にあるトヨタ自動車の施設「モビリタ」で行われました。サーキット内の施設ですが路面は一般公道と同等で、タイヤのゴムが路面にへばりついているラバーグリップも起きていません。

RVF02スラローム
連続してステアリングを左右に切るスラロームでも、安定した走りを披露
RVF02 グッドイヤーロゴ
エフィシェントグリップRVF02という製品名よりも“GOOD YEAR”のロゴを強調したサイドウォールデザイン

試乗車として用意されたのはアルファード、装着タイヤサイズは235/55R18 101Wです。

何も考えずに乗り込んで走らせると、確かにかなり静かな印象です。アルファードそのものが高級志向のクルマで、車外騒音やタイヤノイズなどを抑えるタイプの設計ですが、それにしても静粛性はかなり高い印象です。加速状態はもちろん、アクセルを離して滑走させても気になるノイズを感じることはありませんでした。

ステアリングが直線状態でノイズが発生しないだけではなく、ステアリングを切った状態でもノイズが出てこないのはなかなかの好評価です。

試乗コースには連続する段差を作った波状路も用意されましたが、この乗り越えも好印象でした。乗り上げれば当然“トン”という音とともに振動が出ますが、それがすんなりと収まってくれて不快な印象を受けません。

RVF02 スタイル
タイヤ全体の持つイメージは力強さがある。インサイド、アウトサイドの指定のあるデザイン

用意されたスラロームセクションは40km/hの速度指定がされていました。このスラロームはアクセルを踏んだり、緩めたりといった操作を行うとスムーズに通過できますが、アクセルを一定で40km/hで走るとギリギリクリアできるといったキツさです。

ステアリングを切った瞬間にスッと向きを変えていきますが、キツさはありません。この曲がり始めがグィっと急なものだと、後席に乗っている人は振り回されるようになってしまいますが、そうした事はありません。適度な横方向のグリップがなだらかに立ち上がるのです。

左右にステアリングを切ってスラロームを抜けて行く際も安定感を失うことはありませんでした。外周路を60km/hオーバーでコーナリングしながら、ステアリングを戻したり切り増したりしましたが、サイドウォールがよれて腰砕けになるようなことのない、良好な挙動を示しました。

RVF02_RV-F比較
ウェットブレーキ性能は先代同様。そのほかは先代を上回る性能を確保しているエフィシェントグリップRVF02

ウェットグリップについてもとくに気になるほどの低下は感じられませんでした。ウェットのテストは散水された路面に40km/h程度で進入し、110度程度転舵します。

転舵当初はVSCが作動し、クルマが外側に膨らみますが、それが収束すると一気にグリップが復活し、クルマがインに向きます。グリップの回復が若干急すぎる印象もありましたが、これはクルマ側の制御も関わってくる部分なので一概には評価しにくいところです。

40km/hからのブレーキングだと、ウェットでもドライに迫る制動距離で停止でき(タイヤが新品だったので、ウェットブレーキは最良の条件)、安心感がありました。

RVF02ウエットコーナリング
ウェットコーナリングでは、グリップ回復時の挙動が少し急に感じたが、問題はないレベル
RVF02
ウェットブレーキはドライブレーキと比べても遜色のないレベルを実現

今回の「エフィシェントグリップRVF02」の試乗はテストコースでのみで、高速走行での安定性や車線維持装置とのマッチングなどがチェックしきれていませんが、「ミニバン用タイヤとしてかなり総合性能が高い」ということは間違いないという印象を受けました。

サイズ表1
XL表示のあるものは耐荷重性能強化タイプ
サイズ表2
XL表示のあるものは耐荷重性能強化タイプ。○印のものはストレートグルーブが3本の4リブパターン
テストドライバー
テストドライバーは諸星陽一氏

(文・写真:諸星 陽一)