■ルノー「カングー」をベース、CMF-Cプラットフォームを採用

メルセデス・ベンツは現在、人気LCV(商用車/乗用車)次期型を開発していますが、そのフルエレクトリックバージョンとなる「eCitan」(eシタン)プロトタイプを公式リークしました。

メルセデス・ベンツ eシタン_005
メルセデス・ベンツ eシタン 市販型プロトタイプ

これまでシタンは内燃機関版のプロトタイプをスクープしていましたが、エレクトリック版は捉えておらず、いきなり公式リークデビューとなりました。

メルセデス・ベンツ eシタン_004
メルセデス・ベンツ eシタン 市販型プロトタイプ

シタンは、ルノー「カングー」をベースとし、多くのコンポーネントを共有。兄弟モデルとして2012年に発売、これが初のフルモデルチェンジとなります。

次期型でも引き続きルノー日産三菱アライアンスにより開発され、「メガーヌ」でも使用されている「CMF-C」プラットフォームを採用、パネルバンの他に乗用バージョンもラインアップします。

公開されたプロトタイプは厳重なカモフラージュが施されていますが、現行型からそのスタイルを継承していることがわかります。しかし、フロントとリヤエンドのデザインを完全に新設計、カングーとは差別化されます。

メルセデス・ベンツ eシタン_003
メルセデス・ベンツ eシタン 市販型プロトタイプ

また、フロントグリルがアップされた画像では充電中の様子も公開されています。新しいアーキテクチャに移行することにより、電動パワーユニットが利用可能になったわけですが、内燃機関モデルでは、ルノー最新世代の1.5リットル直列4気筒ターボディーゼル、最高出力80ps、95ps、116psを発揮するダイムラー/ルノーの1.3リットルdCiターボユニットがラインアップされると思われます。

シタン次期型のデビューは今後数ヵ月以内にデビュー予定で、eシタンが同時か、遅れての登場するかは不明です。

(APOLLO)